アマナツ感想!

エロゲ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

アマナツは、2022年8月にあざらしそふとより発売されたゲームです。

アマナツは田舎の夏で紡がれる青春物語で、友情も恋情も織り交ぜられていた作品になります。

2022年のキャラ萌え作品の中では今のとこ間違いなく1番と言っても過言では無い作品となっていました。

アマナツはヒロインが魅力的に描かれた作品、田舎の夏、キャラゲー、ヒロイン及び友人との掛け合いが好きな人にオススメです。

今回は『アマナツ』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレが苦手な方、18歳未満の方はページから離れましょう。

18歳未満はこちら

 

恋と友情の純愛ラブコメ!『アマナツ』あらすじ紹介!

出典元:あざらしそふと

友情も恋情も織り交ぜた、田舎の夏で紡がれる青春純愛ラブコメ。

都会での勉強漬けな毎日に嫌気を差した主人公は、青い海と緑の山に囲まれた田舎へ引っ越してきました。

そんな村で主人公は青春を謳歌しようとします。

その村で主人公はヒロインたちと交流をしながら、仲を深めていくことになるのです。

衝撃的な出会いをすることになる、明るく活発な後輩『雨晴こがね』。

浮世離れしていますが、意外とお茶目な巫女の先輩『上梨夜雪』。

そして主人公の居候先の娘で、ツンツンしつつも世話焼きな『相倉和葉』。

そして同じく仲良くなった男友達。

みんなと交流をしていく中で主人公が変わっていき、恋を知ることに。

主人公はヒロインや男友達との交流により、都会で失った青春を取り戻していくのです。

 

『アマナツ』キャラクター&√紹介!

相倉和葉

出典元:あざらしそふと

振り回されるツンデレおかん同級生。

主人公の居候先で、親戚の家の娘。

気が強くやや融通が効かないこともあり、ツンケンすることが多めなヒロイン。

突然一緒に暮らすことになった主人公に対して微妙な距離感でしたが、困った人をほっとけない世話焼きな部分もあり、引っ越してきたばっかの主人公を気遣ったりすることも。

主人公との出会いの印象はあまり良くなく、通り雨により服が濡れた状態でバス停で出会います。

そんな出会いから主人公と一緒に暮らすことになるのです。

主人公が都会から田舎に逃げてきた違和感に対して、最初に気付いたヒロイン。

√は素直になれず面倒くさくも可愛い和葉を堪能することができ、満足度がかなり高いものでした。

最初は主人公を男として見れたいなかった和葉。

そんな和葉がだんだんと主人公を男として意識するようになっていきます。

主人公のことを知ろうと今までの女性関係を聞いたり、他ヒロインをどう思ってるか聞いてるシーンではニヤケ顔が止まりませんでした。

本当に愛おしいの一言。

そして村のお祭りを一緒に回っているとき、主人公に好意を抱いてると気づくのです。

好意に気づいたシーンということと、美しいCGに涙腺が少し緩みました。

主人公と付き合うことになっても、周りには付き合ってないと言い張るところもまた可愛いところ。

他ヒロインや友達がいるところでは変わらずツンケンするも、主人公と2人きりになると恋人として振る舞う。

さらには異性との交流が慣れていないことから、主人公に対してよく赤面するため、そこがまた可愛いもの。

主人公と恋人になっても終始面倒臭いヒロインであり続けた和葉。

そこがとても愛おしく感じてしまうほど、付き合うまでの過程と恋人になってからの時間が丁寧に描かれていた最高の√。

ウェディングドレスを着て、主人公から結婚を約束されたときは涙が溢れるほど、こちらも幸せな気分に。

大事なシーンでのCGがとにかく綺麗で雰囲気に合っていて、余計に暖かさと嬉しさで心が満たされ涙が溢れた恋物語でした。

 

雨晴こがね

出典元:あざらしそふと

明るく活発な愛され後輩。

主人公の後輩で、誰とでも仲良くしているが親友はおらず、一定の距離感を保っているヒロイン。

楽しいことになんでも首を突っ込むタイプで、男女分け隔てなく接することから、男友達とバカなことをやれるタイプ。

人の良い主人公を気に入り、抱き着いたりボディタッチ多めで女性に慣れてない主人公を無意識にドキドキさせています。

こがねとの出会いは衝撃的なもので、海に制服のままで飛び込み自殺しようとしてる勘違いした主人公が助けるところから。

そんな主人公を気に入って積極的に主人公と絡みにくるこがね。

しかし個別ではそんな明るくて活発なこがねが見せる、ギャップに悶えるものとなっていました。

アマナツで1番ギャップを強く感じ、こがねを√終わって好きになる人は、間違いなく多いなと感じるほど。

明るくボディタッチをしていたこがねが、主人公を男として意識し始めると恥じらいを見せるようになるのが最高でした。

こがねだけ他ヒロインと違い離れた街に住んでいることもあり、バスの時間などがあり時間が限られてます。

そこが2人一緒に過ごせる限られた時間を大切にしている感じがして、素晴らしいものでした。

恋人になってからは今まで以上にデレて、主人公に甘える姿が見れます。

自然と笑みがこぼれるくらい幸せな日々を過ごしていた2人。

終盤になると、こがねが甘えたがったり、寂しがり屋の理由が明かされます。

少しシリアスな展開になって不安なところもありましたが、深くなりすぎずに主人公とこがねの絆が強まるキッカケとなっていたのが良かった。

私服がとてもセクシーで、1番好きなものでした。

 

上梨夜雪

出典元:あざらしそふと

浮世離れしてるけど、ちょっとお茶目な巫女先輩。

歓声が他人とズレているため1人でいることが多く、その美貌とクールな外見から男子からの人気が高い。

感情を表に出すこがあまりないですが、周りの人を大切に思っているマイペース屋。

スキンシップが好きで、よく主人公の頭を撫でています。

クールな見た目ですが、ヒロイン1積極的なタイプだったこと。

そして独占欲が強いところがとにかく可愛いものでした。

3人のヒロインの中では1番お付き合いするハードルが高めで、最初は男と見られてるか怪しかった主人公。

そんな主人公でしたが、夜雪が気にかけていくうちに恋心を抱くように。

恋人になると夜雪の積極性を見れて楽しかったし可愛かったです。

ちょっとしたことで浮気だと主人公に言ったり、恋人としての時間を作ろうとしたりします。

主人公も夜雪のことを好きなのは間違いないです。

しかしそれ以上に夜雪の方が、主人公を好きな気持ちが強そうな印象を持ちました。

出会った頃のクールで不思議な夜雪のイメージが、かなり変わっていきます。

終盤に向かっていくと、夜雪の弱さもだんだんと見せてくれるようになり、主人公に対してどんどん心を開いていく様子が描かれていて好きが溢れました。

夜雪の弟であり主人公の師匠も、この√では2人を引き立てるポジションとして活躍していたのも非常に良かったポイントの一つ。

クールな不思議ちゃんな先輩が、最後は1人の女の子として幸せそうな表情を浮かべている姿に涙が止まらなかった。

 

『アマエミ』感想紹介!

『アマナツ』オープニングムービー(あざらしそふと)

心の底から癒されるだけでなく、ヒロインの可愛さと周囲の登場人物たちの温かさに涙が溢れた、2022年一推しのキャラゲー。

今まであったあざらしの甘い恋は残りつつも、SMEEのようなギャグ要素も加わった素晴らしい作品となっていました。

全ヒロインが主人公と出会った頃と、1人の男性として意識し始めた辺りからのギャップがとても可愛らしいもの。

特にこがねはプレイ前と後では、かなり評価が変わるくらい、物語と彼女の魅力が詰まっていて最高でした。

そんな中でも自分はやはり和葉。

恋人になってからどんな感じになるかも想像はつきましたが、それでも面倒臭くて愛おしい和葉に、終始心を動かされ続け、涙が耐えきれない場面が多々あり。

ヒロインたちだけでなく、今作は主人公周りの男キャラたちも魅力的で、キャラたちの掛け合いもかなり楽しめました。

濃い男の友人たちの見せ場もあったり、全体的に心温まる物語。

えっちシーンもかなり良く、システムで陰毛の有無を選択できるのは感謝しかありません。

今年1オススメできると自信を持って言える作品。

まだ未プレイの方は、絶対にプレイしてもらいたい。

 

『アマナツ』まとめ!

今回は『アマナツ』の感想、ネタバレを紹介してきました。

現状プレイしている2022年の新作の中で、1番好きな作品。

キャラゲーとしては間違いなく今年1で、それだけでなく物語や雰囲気、CGやBGMなども合っていて、とても満足度の高い作品となっていました。

アマナツはヒロインが魅力的に描かれた作品、田舎の夏、キャラゲー、ヒロイン及び友人との掛け合いが好きな人は、ぜひプレイしましょう。

プレイされた方は、感想をコメントやTwitterにて待っています。

【FANZA】

【Getchu】

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました