【のとのの】伝説の勇者と災厄の魔王の恋愛事情感想!【レビュー】

エロゲ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

伝説の勇者と災厄の魔王の恋愛事情(愛称:のとのの)は、2021年4月にアンモライトから発売されたゲームです。

のとののは、ヒロイン2人が勇者と魔王の母で、勇者の母は魔王と。

魔王の母は勇者と恋をする物語です。

愛する男たちが殺し合いになることを知りながらも、快楽と愛に寄り添っていきます。

のとののは年上、母親、未亡人が好きな人にオススメしたい作品です。

今回は『伝説の勇者と災厄の魔王の恋愛事情』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレが苦手な方、18歳未満の方はページから離れましょう。

18歳未満はこちら

 

生まれ変わって出会いたかった!『のとのの』あらすじ紹介!

出典元:アンモライト

のとののは勇者の母は魔王と、魔王の母は勇者と恋をする物語となります。

快楽と愛に溺れていくヒロインが、愛する男たちが殺しあう未来を知る葛藤が楽しめた作品でした。

ここでは『伝説の勇者と災厄の魔王の恋愛事情』のあらすじを紹介していきます。

 

敵対する主人公たちの母親との、快楽と愛に溺れていく物語。

勇者『ロイ』は旅の途中、切なげな顔をしている美しい女性『ヒメア』と出会います。

そして魔法『イヴェルファン』は、村を焼き討ちしている中で、威勢のいい女性『リリアン』に一目惚れをしました。

実は2人の美しい女性は

勇者ロイが恋をしたヒメアは、魔王の母。
魔王イヴェルファンが見惚れたリリアンは、勇者の母。
だったのです。
2人が愛した女性たちは相手が誰かを知り、息子に罪悪感を抱くも引き返せない快楽と愛に溺れていきます。
そんなヒロイン2人は、愛する男たちが殺し合う未来を知っているのです。
お互い好きになった男たちが殺し合う未来を知る2人のヒロインは、幸せを掴むことができるのでしょうか。

 

『のとのの』キャラクター&√紹介!

のとのののヒロインは、40歳を越えた未亡人になります。

そして敵対する2人の主人公の母親のため、背徳感を楽しめました。

ここでは『伝説の勇者と災厄の魔王の恋愛事情』のキャラクターと、簡単な√を紹介していきます。

 

リリアン

出典元:アンモライト

20代後半ヒロインが増えてきた近年、もう少し年上な未亡人ヒロイン出てこないかなぁと思っていました。

そんなときリリアンに出会え感涙。

彼女に出会うために生まれてきたと言っても過言ではないし、もしかしたら僕はリリアンの子宮から生まれてきたのかもしれません。

魔王が村を焼き討ちをしているときに、気に入られ毎日子供を産むためにえっちをしていくことになります。

リリアンは夫を魔王に殺されているため、えっちをするとき最初は心を強く持っていました。

しかし段々と快楽と魔王に溺れていきますが、勇者の母という立場を捨ててまで快楽を求めていいのか考えていきます。

 

【BADエンド】

勇者が攻め込んできて、戦うことになります。

BADエンドでは勇者に魔王が殺されることで、リリアンは落ち込み将来孤独になってしまうのです。

 

【魔王END】

勇者である息子が殺されることで、魔王に慰められ快楽を求めることになります。

魔王もリリアンだけを愛するため、魔王という称号を捨てるのです。

リリアンも子供を宿し、幸せになります。

 

ヒメア

出典元:アンモライト

リリアンが好みの女性だったため、満足していたところ、放っておけなくなるような女神のような女性に出会いました。

それがヒメアです。

彼女と出会い関係を進めていくと、リリアンとは違い愛を求めている女性でした。

そんなヒメアが、愛を注がれることで幸せそうな彼女を見て心が温まります。

勇者に恋をされ、恋人になりました。

魔王から愛を受けたことが無かったヒメアは、愛のある勇者にどんどん惹かれていき、幸せに感じるのです。

その一方で、息子である魔王を倒しにいくことに葛藤することになっていきます。

 

【BADエンド】

息子に負けた勇者が死亡してしまい、戻ってきて欲しいと思う日々に。

ヒメアが死ぬまで笑うことは無かったという、切ない終わり方でした。

 

【勇者END】

息子である魔王が死ぬことで、ヒメアは淫乱化し、快楽に溺れる日々となります。

慎ましかったヒメアが、淫らになるのは非常にえっちでした。

 

【平等END】

本当のTRUEエンド。

お互いが大切な愛する人ができたことで、悲しませたくないという想いがありました。

そこで2人が戦ってる間は、魔物たちは人間に手を出さないようにと指示をし、勇者と魔王は見せかけの戦いを続けることで、平和に満ちた幸せな世界になったのです。

 

『のとのの』感想紹介!

のとののは、2人の主人公がお互いの母親に恋をする物語。

未亡人という最高にえっちで魅力菜ヒロインとの、葛藤を交えた恋愛が最高でした。

ここでは『伝説の勇者と災厄の魔王の恋愛事情』の感想を紹介していきます。

 

未亡人ヒロインという望んでいたヒロインたちの登場。

40歳を越えていたため、肉付きや乱れ方がとてもえっちで、しかもヒロインとしても可愛かったため、2021年に発売した作品の中でもトップクラスで好きなゲームです。

見た目と性格が好みだったリリアンはもちろん可愛かったです。

しかしプレイを進めていくと、愛に飢えていたヒメアが勇者に愛されることで依存していく展開に癒し、愛したいって気持ちがかなり芽生えてきて、最後にはリリアンよりも好きになっていました。

設定も面白く、主人公2人が戦うことで、どちらかの愛する人が死んでしまうという葛藤も楽しめで面白かったです。

キャラと抜き、両方を低価格でプレイできる作品となっていて、非常に満足できた作品でした。

 

『のとのの』まとめ

今回は『伝説の勇者と災厄の魔王の恋愛事情』の感想、ネタバレを紹介してきました。

年上が好きな僕にとっては最高の作品としか言えません。

未亡人で40歳を越えたヒロイン、色気たっぷりでプレイしていてドキドキが止まりませんでした。

2021年作品の中でも、僕はかなり気に入った作品です。

のとののは年上、母親、未亡人が好きな人はぜひプレイしましょう。

プレイした感想を、コメントやTwitterにて待っています。

【FANZADL】

【Getchu】 

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました