アサガオは夜を識らない。感想

エロゲ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

アサガオは夜を識らない。(愛称:アサ夜)は、2021年7月にMELLOWより発売されたゲームです。

アサ夜はMELLOWによる2作目で、MORE系列らしさを残しつつ、ミステリー要素が加わった内容になります。

記憶喪失となった主人公が、治療のため連れてこられた島で出会ったヒロインたちと、集団生活していくことになるのです。

アサ夜はMORE系列、ミステリー要素、シナリオとえっちシーンのバランスが良い作品が好きな方にオススメです。

今回は『アサガオは夜を識らない。』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレが苦手な方、18歳未満の方はページから離れましょう。

18歳未満はこちら

 

MORE+ミステリーな作品!『アサ夜』あらすじ紹介!

出典元:MELLOW

MORE系列らしさを残しつつ、ミステリー要素が加わった内容になります。

記憶喪失となった主人公が、治療のため連れてこられた島で出会ったヒロインたちと、集団生活していくことになるのです。

ここでは『アサガオは夜を識らない。』のあらすじを紹介していきます。

 

ちょっぴりミステリーなMORE系列作品。

主人公『吉良碧依』は、とある事件により両親を失い、ショックにより記憶喪失になっていました。

そんな主人公は治療のため、精神的に問題のある若い男女が集められた島に移住することになります。

その島の施設で主人公は様々な人と関わり、共同生活を送っていくことになるのです。

皆から避けられていますが、記憶を失ったの中になぜか面影を感じる『アサガオ』。

真面目で面倒見が良いが、気が弱いため周りに流されやすい『みこ』。

情緒不安定ですが、人当たりも良く、自由に過ごしている不良少女『小鳥』。

3人と深く関わっていくことで、彼女たちの問題も判明していきます。

そして彼女たちと一緒に過ごし、様々な問題を解決していくことで、主人公は失っていた記憶を取り戻していき、両親が亡くなった事件を思い出すのです。

 

『アサ夜』キャラクター紹介!

アサ夜は一本道のシナリオで、最後分岐でエンディングが決まります。

一本道の途中で中を深めていったヒロインたちと、肉体関係を持つことになるのです。

ここでは『アサガオは夜を識らない。』のキャラクターを紹介していきます。

 

緋色アサガオ

出典元:MELLOW

物静かで夢うつつな少女。

記憶喪失な主人公が、記憶の片隅にアサガオを知っているような気がするとのことでした。

物語の前半から中盤にかけては、もの静かな少女で、なぜ近づいてはいけないのかが分かりません。

しかし後半に進むにつれ、主人公のことが好きという感情が芽生え始めてくると、アサガオの狂気が徐々に分かってきます。

死を愛し、対象の人物が生を失っていく姿を、幸福と感じてしまうのです。

この物語は、最後の分岐によってエンディングが変わります。

その分岐というのが、主人公のことを愛しすぎたアサガオが、主人公を殺すか生かすかという選択。

かなり狂気に満ちた選択ですが、この物語でのTRUEは、アサガオに主人公が殺されることで迎えます。

愛する主人公を殺すことで、日常に戻れるようになったのです。

TRUEでは主人公に最後花を送りに行きますが、他のヒロインたちとも仲良くやっているのが分かります。

そして最後、死んだであろう主人公に花を送りに行くときの満面の笑顔。

この物語ならでは、そしてかつての面白かったMORE系列を彷彿とさせるエンディングでした。

 

鳥羽小鳥

出典元:MELLOW

情緒不安定なところはありますが、人当たりが良く、自由に過ごしている不良少女。

勉強はかなり得意で、先生を目指しています。

薬物に手を出した事から、島に送られることになりました。

最初に主人公と身体の関係を持ちますが、中盤以降では先生になりたいという夢を応援してくれる彼に、好意を持ち始めることになります。

個人的に一番えっちなヒロインでした。

 

皇白みこ

出典元:MELLOW

真面目で面倒見は良いが、気が弱いため周りに流されやすい優等生な少女。

おっとりした雰囲気からは考えれないほど運動神経が良く、幼少期にバスケで全国へ行くほどの実力を持っています。

おそらく、おっぱいが一番大きく非常にえっち。

主人公のことを好きになることで、徐々に心が変わっていくことになります。

しかし終盤では、その恋心がキッカケにトラブルが発生するのです。

 

『アサ夜』感想紹介!

アサガオは夜(アイ)を識らない。 OPムービー「アイを識らない。」

アサ夜は、プレイする人を選びそうな作品となっています。

面白い内容ですが、シリアス要素多めなので、購入を考えてる人は今回の感想や、体験版をプレイすることをオススメです。

ここでは『アサガオは夜を識らない。』の感想を紹介していきます。

 

ヒロインとのシーン回想を中心に、イチャイチャした中盤までの内容と、ガッツリとシリアス展開や物語の核心をついてくる後半と楽しめた作品

MORE系列のバックシーンは、やはりハイクオリティ。

とてもえっちで最高のものでした。

最初から中盤にかけては、事件を解決していきながらヒロインたちと仲を深めていき、肉体関係を持ちます。

主人公はヒロインたちや事件と関わっていくことで、自分が両親を殺害してしまったことを、思い出していくのです。

そこから後半にかけて、ヒロインたちの問題を解決していきながら、アサガオとの話へ。

他2人のヒロインたちが、かわいそうに思えるレベルで、アサガオの話は気合が入っていました。

特に最後の√分岐する選択肢。

TRUEがなんとも言えない後味で、これは面白いけど人を選ぶなと感じました。

アサ夜は非常に面白いのは間違いありませんし、ヒロインたちとのシーン回想も非常にえっちです。

しかしアサガオではなく、小鳥やみこが好きな人にとっては、物足りないところがあるでしょう。

そしてイチャラブがメインの人も、購入するのはレビューや体験版をプレイしてからをオススメします。

あとは個人的なことで言うと『緑華先生』とのシーンが欲しかった・・・

これはプレイしたなら感じた人も少なくないはず。

何度も言いますが、面白い作品ではあるので、ぜひプレイして欲しいところです。

 

『アサ夜』まとめ

今回は『アサガオは夜を識らない。』の感想、ネタバレを紹介してきました。

今までのMOREにミステリー要素を加えた作品。

最後の終わり方も含めて、とても面白い内容になっていました。

アサ夜はMORE系列、ミステリー要素、シナリオとえっちシーンのバランスが良い作品が好きな方は、ぜひプレイしてみてください。

プレイした感想を、コメントやTwitterにて待っています。

アサガオは夜を識らない。の購入はこちら。

★『アサガオは夜を識らない。』

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました