距離感激近青春宅飲みラブコメ!泥酔彼女感想・ネタバレ!【ラノベ】

ラノベ

泥酔彼女は、2021年2月にGA文庫より刊行された作品になります。

残念な美人さんがお酒を飲みにきたり、遊んだりするのに付き合わされる主人公が羨ましく感じる作品でした。

距離感も近く美人でお酒好き。

普段お酒飲まれる方にとっては、目から血の涙が出るくらい羨ましい状況のため、主人公に「嫌なら変わってくれ!」と言いたくなります。

20歳で程よい年上というのもポイントが高いです。

年上のダメヒロインが好きな方、お酒を飲むのが好きな方にオススメしたい作品になります。

今回は『泥酔彼女』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

 

酒好きなダメヒロインとの青春ラブコメ!泥酔彼女あらすじ紹介!

出典元:GA文庫

クリスマスに、姉の美人な友達と2人で過ごすことになった主人公。

お酒好きな人にとっては最高のシチュエーションですが、酒飲みが嫌いな主人公にとっては、最悪なクリスマスになってしまうのでしょうか。

ここでは『泥酔彼女』のあらすじを紹介していきます。

 

酒飲みが嫌いな主人公『瀬戸穂澄』は、クリスマスに年上で美人な姉の友達『和泉七瀬』と2人で過ごすことになります。

七瀬は主人公にとって、酒を飲むということ意外に関しては、非常に好みの女性です。

距離感がかなり近く、主人公は過去の恋愛により、七瀬のような女性はトラウマになってました。

そのトラウマとは『元カノに5股をかけられた挙句、悲劇のヒロインを演じて逃げられた』というもの。

そんなトラウマを突かれながらも、主人公は毎日酒のつまみを要求してくる七瀬と、過ごす時間が長くなっていきます。

一緒に過ごしているうちに、七瀬が役者であることが分かったり、実は男に対してのガードが鬼のように固いことを知っていくのです。

そんな中、同級生で主人公のことが好きな演劇部部長『野原羊子』と七瀬が出会い、ライバル宣言をされたりします。

姉の担当している女優『月浦水守』と、一緒に七瀬が主演級を演じることになったドラマで、問題が発生します。

主人公は、過去のトラウマを払拭することができるのでしょうか。

また、主人公を巡るヒロインたちのバトルはどのような結末を迎えるのか、楽しみなところです。

 

顔は好みの年上ダメ女!?泥酔彼女キャラクター紹介!!

出典元:GA文庫

酒飲みが嫌いで、距離感が近い人が苦手な主人公。

しかし、主人公の周りには苦手とするタイプの女性しか、ほとんどいないのです。

主人公の恋物語はどうなっていくのでしょうか。

ここでは『泥酔彼女』のキャラクター紹介をしていきます。

 

瀬戸穂澄

高2の主人公。

酒飲みと距離感の近い女が嫌いで、とある事情から姉である雫と2人暮らしをしています。

酒飲みの姉に酷使された結果、つまみ作りが非常に上手くなってしまいました。

そのため、苦手な七瀬が主人公の家に通うことになってしまうのです。

距離感の近い女が苦手な理由は、過去の『クラッシャー』と呼ばれている女性が原因ですが、一体誰のことなのでしょうか。

 

和泉七瀬

果てしなく顔は良いが、酒を飲むと非常に残念になる20歳のメインヒロイン。

とにかく酒好きで、主人公の作るおつまみが気に入り、男子高校生の家に入り浸るダメ女です。

酒を泥酔状態になる手前まで飲んでも、ガードだけは非常に固く、多くの男を撃墜してきた模様。

実は役者をやっていますが、彼女にはとても大きな欠点があったのです。

 

野原羊子

主人公の同級生で、演劇部の部長。

演技力は全国クラスですが、プライベートでの演技が苦手なタイプです。

クセっ毛を気にしていて、主人公に好意を抱いています。

 

瀬戸雫

主人公の姉で、メインヒロイン七瀬の飲み友達。

お酒の入ってない状態ではクールな女性で、非常に僕の好みです。

こんな人とお付き合いがしたい。

むしろ結婚したいです。

芸能事務所のマネージャーをしていて、現在は人気女優である月浦のマネージャーを担当しています。

もっと出番が増えて欲しいキャラクターでした。

 

月浦水守

主人公の姉がマネージャーを担当する、人気女優。

今回の話では、七瀬や羊子と同じドラマに出ることになります。

そして、主人公と過去に面識があるみたいですが、なにがあったのでしょうか。

 

酒好きな姉の友達と同級生と人気女優!?泥酔彼女感想紹介!

物語の最後では、主人公に好意を持ったヒロインが全員集まります。

そしてその中には、主人公のトラウマにもなった『あの女』もいたのです。

ここでは『泥酔彼女』の感想を紹介していきます。

 

酒飲みと距離感が近い女が嫌いな主人公ですが、酒飲みで年上のダメ女『七瀬』と一緒に過ごしていくうちに、彼女に対する考えが変わっていく様子が楽しめます。

特に章の間にあるメモを見ていると、徐々に七瀬のことが気になってきてるのが分かって、面白いです。

そしてメインヒロインの七瀬は役者で、セリフの無い役ばかりを演じてきましたが、今回主演級の役をもらうことになりました。

しかしセリフを話す場面では、途端にポンコツ化します。

そこに走って助けに来る主人公がカッコよく、これは好きになってもおかしくありません。

しかも、主人公のメモには『七瀬の好みのタイプは、普段はユルいがいざって時に相手のために走れる男』と書かれています。

七瀬が、主人公に恋してもおかしくない状況を作り込んであり、震えました。

その現場を見ていた、同級生の羊子や人気女優の月浦が動き始まるのです。

主人公のことを誰よりも早く好きになったにも関わらず、過去には『クラッシャー』と呼ばれる女に横から奪われました。

そして今回も、年上の女に取られそうになり「これ以上は取られてたまるか」という思いから行動します。

その羊子より、先に動いていたのが月浦です。

この月浦という人気女優が、主人公のトラウマともなった『クラッシャー』と呼ばれる女でした。

ドラマの収録が終わり最後に打ち上げをするシーンで、主人公に好意を抱くヒロインが集結し、話が終わります。

とても気になるところで終わってしまったので、早く次の巻が読みたいという気持ちです。

主人公は酒飲みが嫌いだから、七瀬も嫌いと言ってます。

しかし酒を飲むのが好きな人にとっては、隣に美人さんが美味しそうに飲んでる姿を眺めれるだけでも最高だと思います。

泥酔状態の七瀬に絡まれる主人公とのやり取りが面白く、こんなお酒好きな人と一緒に飲みたいなと思わせてくれる作品でした。

 

泥酔彼女まとめ

今回は『泥酔彼女』の感想、ネタバレを紹介してきました。

年上で残念なお酒好きのヒロイン。

お酒を普段から飲む人にとっては「こんな女の子とお酒が飲めたら最高だよな」と思わせてくれる作品です。

序盤では酒を飲んで泥酔してる七瀬とのラブコメでした。

しかしそれだけでなく、中盤以降は演劇の話も展開され、役者に対して熱のある七瀬を見れたのも良く、ギャップの見せ方が上手かったです。

ダメ女と言われている七瀬も可愛かったですが、そんな彼女に宣戦布告をした羊子。

そして主人公のトラウマとなった女、月浦が今後の物語をどう動かしていくのか、非常に楽しみな作品です。

残念な年上ヒロイン、お酒を飲む女の子が好きと言う方は、ぜひ読んでみてください。

感想を、Twitterやコメントでお待ちしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました