D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく感想【レビュー】

ラノベ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる(愛称:D級冒険者)は、2020年10月にオーバーラップ文庫より刊行された作品です。

D級冒険者は、WEB小説投稿サイト『小説家になろう』が原作のライトノベルで、怠惰なのに強すぎる無自覚無双ファンタジーになります。

勇者になることを諦め、ぐうたらな生活をする主人公。

そしてそんな主人公にパーティへ入ってもらおうと勧誘をする勇者と、王女につきまとわれるドタバタなファンタジーを楽しめた作品でした。

怠惰な見た目だけど最強な主人公、ドタバタなファンタジー、ハーレム?が好きな方にオススメしたい作品です。

今回は『D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

 

底辺冒険者の無双ファンタジー!『D級冒険者』あらすじ紹介!

D級冒険者は怠惰な主人公が無双するファンタジー作品になります。

そんな主人公をパーティに勧誘したり、つきまとう美少女とのドタバタ劇が楽しめる作品でした。

ここでは『D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる』のあらすじを紹介していきます。

 

自称底辺冒険者による無自覚無双ファンタジー作品。

街の片隅でのんびりと過ごしている主人公『ジレイ』は、かつて勇者を目指し何年もの訓練を積んできた青年でした。

勇者になれば将来ぐうたらな生活ができると思っていたジレイ。

しかし勇者になって魔王を倒しても、楽をできないことを知ると、即座に引退し街の片隅に引きこもるのでした。

そんなジレイのもとへ、聖剣に選ばれた勇者『レティノア』が訪れてきます。

レティノアは修行時代にジレイから命を救われてから、ずっと一緒に戦いたいと願ってきたことから、パーティへ勧誘してくるのでした。

面倒事が嫌だったジレイは、隣の国までの護衛依頼を受けて逃げることにするのです。

しかし残念なことに、以来にはレティノアのパーティも参加していました。

そして護衛の対象であった謎の少女は、王女『ラフィネ』だったのです。

ラフィネは運命の人を探していました。

その運命の人がジレイだったのです。

ジレイが運命の人だと分かると、途端につきまとうようになったラフィネ。

果たして、ジレイはぐうたらな生活を送ることができるのでしょうか。

 

『D級冒険者』キャラクター紹介!

出典元:オーバーラップ文庫

D級冒険者である主人公ジレイの周りには、S級とも言える美少女が集まっています。

自分もこんな美少女達にチヤホヤされたいと思えるような女の子たちです。

ここでは『D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる』のキャラクターを紹介していきます。

 

レティノア

聖剣に選ばれし勇者で、無邪気で天真爛漫なアホの子。

修行時代ジレイに救われたことから、憧れて勇者を目指すようになりました。

姿をくらましたジレイを、たまたま街で見つけてからは、しつこくパーティに勧誘するようになるのです。

 

ラフィネ

ジレイが滞在していた王国の王女。

運命の人を追いかけていました。

正体がジレイだと判明し、つきまとうことになるのです。

少しヤンデレ気質?あり。

 

イヴ

勇者レティノアとパーティを組んでいる白魔導師の少女。

透き通った水色の髪が特徴でクールな女の子。

実は特殊な体質の持ち主ですが、それは次巻以降でのお楽しみ。

 

リーナ

勇者レティノアのパーティに所属する魔導師エルフ。

Aランク冒険者ですが、実際はそれ以上の実力の持ち主。

暗殺者の家系の血を引いている、謎が残った少女。

 

『D級冒険者』感想紹介!

出典元:オーバーラップ文庫

D級冒険者は、怠惰なのに鬼のような強さを持つ主人公が無双するファンタジー作品になります。

主人公が無双する爽快感と、彼につきまとうヒロインたちが、とても可愛い作品でした。

ここでは『D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる』の感想を紹介していきます。

 

ドタバタなファンタジーと、少しハーレムを予感させてくれる物語でした。

非常に面白く僕の好む作品です。

普段やる気のない主人公が、修行していた頃の名残がフとして時に出たりして、周りのヒロインを虜にしていくのをグヌヌと眺めていました。

主人公の無双感も良かったですが、この巻で運命の人を見つけたラフィネ、暗殺者としてジレイを殺したいと感じたリーナ、そして貴族の冒険者カイン、それぞれのエピローグ。

特にカインは、序盤嫌なキャラが際立ってましたが、ジレイと出会い改心することで、家の名前を捨て、見下していた低ランク冒険者として、新たな門出を立ったシーンが最高でした。

それぞれのエピローグが面白く、それぞれの目的地が同じ場所だったことが、今後の話がどうなるのか楽しみにさせてくれます。

ジレイはぐうたらな生活を送りたいと思いつつも、過去の行いのせいで追いかけられるようになってしまい、ため息をつきながら逃げるドタバタするシーンが面白い作品でした。

 

『D級冒険者』まとめ

今回は『D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる』の感想、ネタバレを紹介してきました。

主人公が無双する爽快感と、可愛いヒロインの両方を楽しめた作品。

エピローグが特に今後の展開をワクワクさせてくれるような話しとなっていたため、早く次の巻が読みたくなること間違い無しです。

怠惰な見た目だけど最強な主人公、ドタバタなファンタジー、ハーレム?が好きな方は、ぜひ購読してみてください。

購読された方は、感想をコメントやTwitterにて待っています。

Twitteのフォローもよろしくお願いします。

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました