【2巻】【感想】D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに【レビュー】

ラノベ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる2(愛称:D級冒険者)は、2021年4月にオーバーラップ文庫より刊行された作品です。

D級冒険者は、WEB小説投稿サイト『小説家になろう』が原作のライトノベルで、怠惰なのに強すぎる無自覚無双ファンタジーになります。

2巻では青髪のクールな美少女『イヴ』がメインの物語となっていました。

イヴの過去、そして主人公との関係に驚愕の一言でしたが、何よりイヴの可愛さにニヤニヤが止まらない巻となっています。

怠惰な見た目だけど最強な主人公、ドタバタなファンタジー、ハーレム?が好きな方にオススメしたい作品です。

今回は『D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

1巻の感想はこちら。

 

無自覚無双ファンタジー!『D級冒険者2巻』あらすじ紹介!

出典元:オーバーラップ文庫

D級冒険者2巻はイヴがメインの物語となります。

イヴとデートしたり、彼女の過去が判明したりとかなり見所たくさんです。

ここでは『D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる2』のあらすじを紹介していきます。

 

自称底辺冒険者による無自覚無双ファンタジー作品第2弾。

勇者『レティノア』のパーティー勧誘と、王女『ラフィネ』の過剰な愛から無事逃れて、魔導国家マギコスマイアにやってきた主人公『ジレイ』は、かつて窮地を救った少女『シャル』の家に居候していました。

しかし魔導学園の学園長である『アルディ』により、魔導大会への出場と魔導学園での勤務を押し付けられてしまったのです。

魔導学園で勤務をしていると、レティノアのパーティーメンバーで白魔導士『イヴ』と再会をします。

魔導大会でジレイは圧倒的な実力で勝ち抜いていきますが、そんな彼の前に謎の少女『エンリ』が現れるのでした。

エンリは決勝で戦う寸前に棄権してしまい、ジレイが優勝します。

魔導大会で優勝したジレイは、国の王女エレナの夫にされそうになるも間一髪で脱出。

しかし脱出後にラフィネに見つかってしまい、さらに逃げることになりました。

無事に逃げ切ったジレイでしたが、ここで事件が起きます。

ジレイが魔導学園で教えていた生徒達が消失したのです。

犯人は邪神を召喚しようとする魔族の1体である『暴食のエンリ』でした。

イヴが見守る中、ジレイはなんとかエンリを消滅へと追い込みます。

イヴはそんなジレイの背中を憧れだったレイと重なるのです。

そして憧れだったレイとジレイが同一人物ということが判明しました。

ジレイとイヴの関係はどうなっていくのでしょうか。

 

『D級冒険者2巻』キャラクター紹介!

出典元:オーバーラップ文庫

D級冒険者2巻のキャラクターは、1巻と同じ登場人物で物語が進んでいきます。

1巻の感想にて、キャラクターの紹介をしているので、よろしければそちらをご覧ください。

1巻の感想はこちら。

 

『D級冒険者2巻』感想紹介!

イヴの魅力が存分に発揮された2巻。

だんだんと主人公に心を開き、最後恋に落ちてからの可愛さは日本をさら地にするほどの破壊力を持っていました。

ここでは『D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる2』の感想を紹介していきます。

 

無双する主人公によるドタバタファンタジーと、イヴが落ちることでハーレムが確実に近づいたと感じた巻でした。

イヴ中心に描かれていた巻でしたが、最後に1巻でのエピローグ回収もしていて読んでいてワクワク感あってページを捲る手が止まらなかったです。

しかも物語がこのあとどうなる?という展開で終わり、あとがきによると『2巻までがプロローグである』とのこと。

2巻ラストでかなり盛り上がってきたところからのプロローグ発言なので、3巻以降の期待値が爆上がりです。

早く続巻が出て欲しいですね。

2巻の内容的には、イヴの過去に出てきた初恋で死んだと思われたレイが、主人公ジレイと同一人物ということが判明しました。

イヴはずっと伝えれなかった好きという気持ちを、再び会うことが出来たら絶対に伝えると強く思っていたため、レイとジレイが同一人物と分かるとすぐに告白します。

そのあとのイヴがとにかく恋する乙女という感じで、ひたすらジレイにアタックしまくるのです。

イヴがジレイと展覧会でデートする話に関しては、電車の中で読んでいたら不審者扱いされるレベルでニヤニヤが止まりませんでした。

今までのクールな感じからのギャップがすごく、僕のなかでD級冒険者1番のヒロインだと言えるでしょう。

1巻だけでも面白いと感じた作品でしたが、2巻が物凄い着火剤のような展開で、3巻が非常に楽しみとなりました。

 

『D級冒険者2巻』まとめ

今回は『D級冒険者の俺なぜか勇者パーティに勧誘されたあげく王女につきまとわれてる』の感想、ネタバレを紹介してきました。

何度も言いますがイヴが非常に可愛く、魅力的に伝えられた2巻となっています。

そして2巻までがプロローグとのことで、3巻が非常に楽しみとなってきた作品と言えるでしょう。

1巻終わりで迎えたエピローグを、2巻のラストで回収し、みんなが合流しました。

3巻からはどのような冒険が始まるのか、ワクワクが止まりません。

怠惰な見た目だけど最強な主人公、ドタバタなファンタジー、ハーレムが好きな方は購読すべき作品と言えるでしょう。

購読した感想をコメント、Twitterにてお待ちしています。

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました