夏ノ終熄感想!

エロゲ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

夏ノ終熄は、2022年8月にCUFFSより発売されたゲームです。

夏ノ終熄は2人が終末までを過ごす作品で、自然豊かな田舎の夏を堪能できる物語です。

TRUEに賛否はあれど、BADENDはかなり良く、2022年最高の雰囲気ゲーとなっていました。

夏ノ終熄は雰囲気の良いゲーム、田舎の夏、ヒロインとの同棲生活、死生観の作品が好きな人にオススメです。

今回は『夏ノ終熄』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレが苦手な方、18歳未満の方はページから離れましょう。

18歳未満はこちら

 

自然豊かな田舎の夏!『夏ノ終熄』あらすじ紹介!

出典元:CUFFS

自然豊かな田舎の夏で、終末を迎えるたった2人の物語。

ブラックな職場に1年も経たず身体を壊してしまった主人公『ユウジ』。

そんな主人公は田舎の祖父母の空き家に住むことになります。

療養中は田舎暮らしをしている動画をサイトに上げる毎日。

投稿した動画がバズり収入を得ることができホッとしたのも束の間。

今度は世界的な伝染病が発生してしまうことに。

世界中の人間がたくさん死んでいく中、主人公は幸運なことに感染していません。

同じ村に住む人もだんだんと病に倒れ、亡くなるのを見送る日々。

そんな日々を送っていた主人公でしたが、ある日ふらりとやってきた少女『ミオ』と出会います。

訳ありな少女ミオと出会い、2人で生活をしていくうちに、お互い再び生きることへの喜びを思い出していくのです。

主人公とミオは、この終末世界を生き残ることができるのしょうか。

 

『夏ノ終熄』キャラクター&√紹介!

ミオ

出典元:CUFFS

ごく普通の街で平凡な生活を送っていた少女。

物事をズバっというタイプで好奇心旺盛なヒロイン。

世界的な伝染病により、学生しかいない無秩序な状態で集団生活をしていました。

しかしカーストが存在する集団生活により、リーダーが好きなように振舞っていたことから、生活に耐え兼ね逃げ出し放浪。

そんなところを主人公に拾われて一緒に生活することになります。

若干人見知りな上、年上の男性と接した機会がないことから、最初は警戒心強めでした。

しかし主人公が良い人だと分かると段々と心を開いていくことになります。

主人公と田舎で自給自足し、不自由ながらもスローライフの生活をしていくうちに年相応な笑顔も取り戻し、生きようという気持ちが芽生えるように。

 

物語はマップ選択で進んでいき、序盤はミオと田舎でのスローライフを楽しむ内容となっていました。

死に場所を探していたミオも、主人公と共同生活をしていると、だんだんと生きていこうという気持ちになっていきます。

そして主人公とミオの今までも少しずつ語られていき、2人の距離感が縮まっていくのです。

中盤から終盤に向かっていくと、マップで選択した場所によって分岐。

TRUEは1周目のEDを迎えないと見れないため、最初は『ミオと別れるBAD』『主人公とミオが死ぬBAD』『ミオの克服END』となります。

個人的にミオと主人公が伝染病にかかって2人とも死んでしまうBADが、今作品1番面白かったし美しいものだと感じた。

そしてTRUEは2人とも生存して田舎の暮らしをしていく物語となっています。

1周目では選ぶことのできなかったマップを選択できるように。

そのマップを選択すると、食事をしっかり摂るようになり、感染病にかからないようにというもの。

TRUEは他3つのEDとは違い、シリアスな要素がほとんどなく、ミオと田舎で平和に暮らしえっちなことをするのがメイン。

田舎の夏でヒロインとえっちに過ごす夏を堪能できるTRUE。

幸せで甘い日々を過ごせて、シリアスな1周目とは違い終始ニヤニヤできました。

 

『夏ノ終熄』感想紹介!

【CUBE第10弾】夏ノ終熄 オープニングムービー

最近プレイしている新作の中ではトップの雰囲気ゲー。

一周目のBADENDがとにかく美しく、この√で終わっていたら2022年新作の中だったらTOP3くらいに入る位の作品だったと感じました。

いつ死んでもおかしくない、死のうと思っていた2人が出会うことにより、段々生きたいという気持ちが芽生えていくこと。

しかし感染病にかかってしまい、2人とも死が近づいていながらも、最後まで生きようとしたこと。

そんな2人が寄り添って最後を迎える物語とCGには、自然と涙が溢れるものでした。

キレイだけど切ない終わり方が雰囲気に合っていて、物凄く良い√だったBAD。

生きようとする2人の気持ちに心が動かされた物語。

それだけにTRUEの物語は蛇足感が強く、一周目を終えた後に出てくる選択や内容で展開がある程度予測できてしまうものでした。

生存するための解決方法が、しっかりと食事を摂ることというのに、本当に同じ作品をプレイしているのかという落差を感じたほど。

TRUEは完全に一周目で足りなかった萌えの補完という感じ。

ミオとのイチャイチャ過ごす夏の田舎でのスローライフというもので、完全にキャラゲーと化していました。

TRUEで恋人になったミオが、えっちに積極的だったのは最高。

一周目は雰囲気ゲーとして。

二週目のTRUEはキャラゲーとして楽しむのが、おそらく正解なのではないかと。

どちらも好きな自分にとっては最高でしたが、雰囲気の落差がありすぎてちょっと勿体なさを感じてしまうものでした。

久々に三咲里奈さんの名前を見れたのは嬉しかったです。

個人的には勿体なさはあるものの、2人の生きていこうとする姿や雰囲気は素晴らしいものなので、プレイして良かったと思えた作品でした。

 

『夏ノ終熄』まとめ!

今回は『夏ノ終熄』の感想、ネタバレを紹介してきました。

2022年の作品では間違いなくトップな雰囲気ゲー。

主人公とヒロインの生きようとする姿や、田舎特有の雰囲気を感じることができた作品で、今の情勢だからこそプレイして欲しいなと感じました。

夏ノ終熄は雰囲気の良いゲーム、田舎の夏、ヒロインとの同棲生活、死生観の作品が好きな人は、ぜひプレイしてみてください。

プレイされた方は、感想をコメントやTwitterにて待っています。

【FANZA】

【Getchu】

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました