ハジラブ-Making Lovers-感想!【レビュー】

エロゲ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ハジラブ-Making Lovers-(愛称:ハジラブ)は、2021年6月にSMEEから発売されたゲームです。

ハジラブは前作Making Loversのコンセプトと世界観を継承した作品で、交際してから始まる恋愛を描かれています。

付き合うことをキッカケに、お互いを知ろうとしたり、心を通わせていく過程が丁寧に描かれているため、キャラゲー好きな自分にとっては最高の作品でした。

ハジラブはキャラゲー、恋人から始まる物語、ヒロイン視点があるゲームが好きな方にオススメしたい作品です。

今回は『ハジラブ-Making Lovers-』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレが苦手な方、18歳未満の方はページから離れましょう。

18歳未満はこちら

 

交際してから始まる恋心!『ハジラブ』あらすじ紹介!

出典元:SMEE

ハジラブは、恋人の関係から始まる恋愛を描かれた作品になります。

交際はゴールではなくスタート地点と言うコンセプトに、恥じらい要素が加わっており、終始悶えるような展開が続きました。

ここでは『ハジラブ-Making Lovers-』のあらすじを紹介していきます。

 

恥じらい要素を盛り込んだ、交際してから始まる恋心。

恋をするなら一生に一度、理想の相手と燃えるような恋をしたいと考える主人公。

主人公は、手近な相手と手軽な青春を謳歌するクラスメイトの背中を見送りながら、自分だけは違うと信じていました。

しかし、2度目の夏を迎えてようやく気付くのです。

運命の恋人は空から降ってくるものではないのだと。

理想の中だけにある幻想の恋ではなく、血の通った本物の恋をしたいと思うようになります。

星見の滝では2人で祈れば願い事が叶うと言う噂がありました。

主人公は星見の滝へ女の子を誘うことを決めます。

末永く共に歩む人生を望む幼なじみ『桜子』。

王子様との出逢いを夢見る同級生『小唄』。

憧れの女性のような恋愛上級者になりたい後輩『結衣』。

大事な家族に幸福な未来を見せたい先輩『初穂』。

主人公は彼女たち4人と出会い、ここから恋を始めていくと決心します。

主人公は血の通った本物の恋をすることができるのでしょうか。

 

『ハジラブ』キャラクター&√紹介!

ハジラブは深くお互いを知らないまま、いきなり恋人としてお付き合いするところから始ります。

それぞれ魅力的なヒロインたちと、付き合った後の、仲良くなる過程を丁寧に描かれていて、素晴らしかったです。

ここでは『ハジラブ-Making Lovers-』のキャラクター&√を紹介していきます。

 

園池桜子

出典元:SMEE

言葉にせずとも通じる、ホッとできる清楚な幼なじみ。

主人公が幼稚園の頃から仲良しな、癒し系幼なじみ。

幼なじみとしては好きですが、恋心はないヒロインでした。

星見の滝から恋人になっても、以前と変わらない日常を過ごします。

恋人としての距離感を考え始め、恋人として特別なことをしたいと、照れながら桜子が言った時の可愛さは素晴らしかったです。

恋人としてキスをし、結ばれてからは桜子の嬉し涙が多く見れるようになり、幸せな気持ちが伝わってきます。

恋人になってからは合鍵を渡したり、サプライズでの誕生日パーティで指輪をプレゼントしたりと、イチャラブした純愛を楽しめ、あっという間に終わってしまった√でした。

恋人になってから訪れた星見の滝では、桜子の夢であった『歳を取っても一緒に縁側でお茶を飲みたい』が、エピローグで行われていてエモさの塊。

桜子の涙を流しながらの幸せな顔に、プレイしているこっちも涙が止まりません。

 

篠原小唄

出典元:SMEE

ちっちゃな体に溢れる母性。

主人公の同級生ですが、家の居酒屋が繁盛し忙しい両親の代わりに、歳の離れた弟妹たちの面倒を見ていることから『ママ』と言うべき母性を身につけています。

そのためプレイしていると無意識に『小唄ママ・・・』と呟いているので、周囲に人がいるところではプレイしない方がよいでしょう。

家ではお姉ちゃん、学校ではママと呼ばれている小唄が、主人公と恋人になることで、彼女として振舞えているのか。

主人公の理想の彼女になれてるのかを気にしていました。

小唄の真面目な性格から、えっちなことに関しても勉強して主人公を喜ばせたりと、とても可愛い一面も、見せてくれます。

海で小唄のお手伝いをし、頑張る旅なでなでしてもらえるご褒美が羨ましすぎる。

小唄が上司としている会社の生産性は、とんでもないことになるでしょう。

なでなでされるためにも、めっちゃ仕事をこなしていう自分が想像できます。

母性溢れる小唄でしたが、母の出産時はいつも1人で不安だったことを告白。

主人公が小唄の不安を紛らわすといった、お互いが背中を預けれる関係に胸が温かくなりました。

 

秤結衣

出典元:SMEE

ギャルカワイイで武装したザコちょろい後輩。

クラスの女子グループの中心的存在な結衣ですが、過去に孤立してしまったトラウマがあり、理想のカワイイを身にまとい、誰にでも好かれる自分になろうと努力をしていました。

結衣とは『お互い本当に好きな人ができるまでの仮恋人』として付き合うことになりますが、結衣の方は最初から主人公に好意を持っています。

主人公も好きになったら負けみたいな心が邪魔をし、なかなか素直になれない関係が続きましたが、無事恋人になれてからはズブズブに甘える結衣に悶えまくりです。

とあるコス動画がバズることで、結衣がアイドルの道へスカウトを受けるも、平凡な日々でも愛する人と過ごす毎日を選択。

星見の滝で合鍵を渡しプロポーズし、もう1度お願いをします。

『末永く同じ時を共有、愛おしい人にありったけの幸せが訪れるように』

読後感がかなり良く、プレイ終わった後は頬に涙がツゥーと流れ放心状態でした。

最後にここまで触れてきませんでしたが、身体つきがとにかくえっちで最高だったこと。

主人公の前だけでの髪型や服装がとにかく可愛かった。

 

夜舟初穂

出典元:SMEE

夜舟流の一番弟子として近づくことを決めた。

僕は初穂のキツネ。

あなたに出会うため生まれてきたようなもの。

巫女服、ゴスロリ服、水着の全てが完全に僕の性癖に刺さるものでした。

悔しかったのが、初穂の言っていた『水着の上にタイツ』『スカートの下に直接タイツでノーパン』という言葉が事実だったのか。

事実だったとしたらCGが欲しかったという位、魅力的なワードだったし、性でした。

ミステリアスな先輩でしたが、結衣以上にチョロさを感じるシーンが多かった印象。

最初の連絡先を聞いて、さっさと帰るのも、早く連絡のやりとりえおしたいからという理由で、まず僕のライフが1つ消えました。

主人公からの恋人繋ぎに照れる初穂に2つ目のライフが失います。

これ以上ライフを失わないよう、心を強く持ってプレイしていくも、最後の白無垢での結婚式に無事昇天。

対戦ありがとうございました。

少しシリアスな展開や、主人公の夢に出てくる夢巫女の正体などがスパイスとなり、初穂の可愛さが際立ち、余計に心臓への負担がエグいことに。

夢に出てくる女の子の話も、最後良い着地をして満足。

クールな見た目だったからこそ、初穂が顔を赤くした立ち絵には電流が走ったし、2021年上半期のナンバー1ヒロインが決まった瞬間でした。

NO 初穂 NO LIFE.

 

『ハジラブ』感想紹介!

ハジラブ -Making*Lovers- OPムービー

ハジラブは前作Making Loversと同じ特徴である『付き合ってからヒロインと心を通わせていく』ことがコンセプトとなります。

さらにヒロインの恋する恥じらいにドキドキしたりと、楽しめる要素が増えた作品でした。

ここでは『ハジラブ-Making Lovers-』の感想を紹介していきます。

 

ヒロインたちの恥じらいや、付き合ってから心を通わせていく過程を楽しめた作品でした。

ハジラブは前作Making Loversの舞台と同じです。

そのため前作をプレイしている人からすると、懐かしさを感じる場所がいくつもあります。

各キャラクターも非常に魅力的で、それぞれの願いやエピソードを軸に、可愛さが充分に引き立てられていました。

特に星見の滝でのやり取りが非常にエモく、√で本当の恋人になってから再び訪れるシーンがあります。

その時の掛け合いが非常に良く、ヒロインによっては涙が出るくらい温かい話となっていました。

また前作のMaking Loversをプレイしていない人も全然楽しめる内容です。

むしろ前作がまだ未プレイなら、先にハジラブをプレイするとより楽しめるかもしれません。

付き合ってから始まる恋というコンセプトは、前作の方が話やヒロインとの掛け合い良いように感じます。

これは前作をプレイしていることから、期待値が上がっていたのも原因かもしれませんが、そこはプレイして確かめてください。

キャラの可愛さや、シーンへの力の入れ方は、ハジラブも全然負けていないし、非常に楽しめた内容であることは間違いないです。

最後に簡単にまとめると、両方とも素晴らしい作品なのでプレイして欲しいということ。

付き合ってから始まる恋愛作品が、もっと増えて欲しいですね。

 

『ハジラブ』まとめ

今回は『ハジラブ-Making Lovers-』の感想、ネタバレを紹介してきました。

前作のMaking Loversにハジライ要素を加えた甘々な作品。

やはり恋人になってから始まる作品は最高と感じたし、もっと増えて欲しいと感じました。

ハジラブはキャラゲー、恋人から始まる物語、ヒロイン視点があるゲームが好きな方にオススメしたい作品です。

プレイした感想を、コメントやTwitterにて待っています。

ハジラブ―Making*Lovers―の購入はこちら

ハジラブ-Making*Lovers-&Making*LoversフルHDリマスター同梱限定セット版の購入はこちら

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました