【初恋娘】2度目の初恋!君は初恋の人、の娘感想!【レビュー】

ラノベ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

君は初恋の人、の娘(愛称:初恋娘)は、2021年6月にGA文庫より刊行された作品です。

初恋娘は淡く切なく背徳的な、決して結ばれてはいけない純愛物語になります。

悲しい初恋を引きずる仕事人間と、初恋の人にそっくりな女子高生による背徳的な恋愛を楽しめた作品でした。

初恋娘は純愛モノ、背徳的なラブコメ、年齢差のある恋愛が好きな方にオススメしたい作品です。

今回は『君は初恋の人、の娘』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

 

2度目の初恋!『初恋娘』あらすじ紹介!

出典元:GA文庫

初恋娘は悲しい初恋を引きずる仕事人間と、主人公の初恋の人にそっくりな女子高生による純愛物語になります。

母から聞いていた話から、主人公へ憧れを抱いてたヒロインと、初恋相手の娘に思い出を重ねてしまう主人公による背徳的な恋愛を楽しめた作品でした。

ここでは『君は初恋の人、の娘』のあらすじを紹介していきます。

 

背徳的でけっして結ばれてはいけない純愛物語。

主人公『一悟』は幼い頃、年上の幼なじみである『朔良』のことが好きでした。

朔良からは年下の弟みたいに扱われていた一悟でしたが、そんな関係も彼女が婚約者と共に海外に渡ることで終わりを迎えます。

朔良とはそれ以降再会することもなく、失恋をしました。

月日は流れて仕事人間として、大型雑貨店の店長となった一悟は、酔っ払いに絡まれている女子高生『ルナ』を助けます。

助けたルナですが、なんと初恋相手だった朔良とそっくりだったのです。

お礼がしたいとルナに言われ、彼女の家に上がることになりますが、そこで朔良の娘だったことが判明。

ルナの家で食事をすることになった一悟は、話をしているうちに朔良のことが好きだったことがバレてしまいました。

お酒を飲んでいて酔っ払った一悟に、ルナは告白をします。

一悟は冗談で返しましたが、ルナはそれを了承と受け取り、恋人のように振舞っていくことになるのです。

周りに迷惑をかけないようにと気を配ると言いつつ、職場に弁当を持ってきたり、ショッピングモールでデートをしたりと、積極的に絡んできます。

そんなルナと同じ時間を過ごすことで、一悟は朔良との思い出を重ねていくのでした。

社会人と女子高生、しかも初恋相手の娘とのイケナイ関係はどのような展開になっていくのでしょうか。

 

『初恋娘』キャラクター紹介!

社会人である主人公と、初恋相手の娘とのイケナイ恋愛。

大人びてると思っていたら、急に年相応の表情を見せてくれるルナに、ドキドキが止まりませんでした。

ここでは『君は初恋の人、の娘』のキャラクターを紹介していきます。

 

星神ルナ

出典元:GA文庫

疎遠になってしまった一悟の初恋相手である朔良の娘で、お嬢様学校に通う高校1年生。

母である朔良とは非常に似ている、瓜二つの美少女です。

酔っ払いに絡まれているところを一悟に助けてもらったことをキッカケに、心を寄せるようになります。

真面目な優等生ですが、一悟と一緒のときは年相応のイタズラ好きで小悪魔になる一面もありました。

一悟が働いてる店の職服を着て、ポニーテールにした姿にトゥンク。

 

朔良

出典元:GA文庫

一悟の初恋相手で、ルナの母親。

一悟の3つ上で、16歳の時に結婚し海外へ渡りルナを出産します。

そのあと、夫に先立たれ女手1人でルナを育ててきましたが、事故死してしまうことに。

ルナに一悟との思い出話をよく聞かせていたことから、ルナが一悟に想いを寄せていくことになるのです。

 

和奏

出典元:GA文庫

一悟の同僚で副店長。

一悟に恋心を寄せいますが、なかなか行動に移せない様子。

僕がもらいたいくらいの、魅力的な女性。

結婚したい。

 

『初恋娘』感想紹介!

ルナがとにかく可愛く、こんな子と一緒に過ごせたら楽しいだろうなと思える作品。

ルナの好意、そして社会人と学生という葛藤しつつ、主人公が一緒に過ごしていく時間にドキドキするような話となっていました。

ここでは『君は初恋の人、の娘』の感想を紹介していきます。

 

社会人と学生という背徳感溢れる純愛物語を楽しめた作品でした。

初恋相手の娘ということもあり、ルナと秘密のデートをしたり、一緒の時間を過ごしていくことで、朔良との思い出を重ねてしまう一悟。

迷惑をかけないように気を配りつつ、恋人のように絡んでくるルナは可愛かったです。

一悟がルナに初恋相手であった朔良と重ねてしまっていること、そのため恋人関係にはなれないと宣言をしエピローグを迎えたときはどうなるかと思いました。

今まで外堀を埋めていたルナが、ドッキリとして一悟の職場にバイトとして入ってきて、諦めないで好きになってもらうと宣言。

そこからの『2度目の初恋』という言葉。

次の巻が非常に楽しみです。

 

『初恋娘』まとめ

今回は『君は初恋の人、の娘』の感想、ネタバレを紹介してきました。

社会人と学生という背徳感がありつつ、純愛モノとして楽しめた作品。

大人びた見た目をしていたルナが、一悟の前では年相応の表情を見せていたのが印象深く、非常に魅力ある女の子でした。

初恋娘は純愛モノ、背徳的なラブコメ、年齢差のある恋愛が好きな方は、ぜひ購読してみてください。

購読した感想をコメント、Twitterにてお待ちしています。

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました