けもの道☆ガーリッシュスクエア感想!

エロゲ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

けもの道☆ガーリッシュスクエア(愛称:けもスク)は、2021年10月にWhirlpoolより発売されたゲームです。

けもスクはアイドルオタクな主人公が、魔法少女系アイドルたちとのサクセスストーリーになります。

軽いノリと良いテンポで物語が進んでいき、可愛いヒロインたちによる癒しと萌を感じることができた作品でした。

けもスクはアイドルもの、魔法少女、萌えを摂取したい方にオススメです。

今回は『けもの道☆ガーリッシュスクエア』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレが苦手な方、18歳未満の方はページから離れましょう。

 

気になる推しは魔法少女!?『けもスク』あらすじ紹介!

出典元:Whirlpool

けもスクはアイドルオタクな主人公が、魔法少女系アイドルたちとのサクセスストーリーになります。

軽いノリと良いテンポで物語が進んでいき、可愛いヒロインたちによる癒しと萌を感じることができた作品でした。

ここでは『けもの道☆ガーリッシュスクエア』のあらすじを紹介していきます。

 

ドタバタ魔法少女系アイドルサクセスストーリー。

主人公『中森大河』は、秋葉原を中心に活動している地下アイドル『けもの道☆ガーリッシュスクエア』を推しています。

まだ駆け出し中の彼女たちを舞踏巻へ連れていきたいという目的に向かって、同志たちと充実したヲタ活を送っていました。

そんなある日、深夜の秋葉原で彼女たちがレッスンしているのを偶然目撃します。

大河がレッスンを覗いていると、彼女たちは光をまといいつもの衣装へ変身。

そして宙に浮かぶ謎の魔法生物たちが現れるたのです。

覗いていたことがバレた大河は、魔法生物たちに追いかけられ、命を狙われたりしました。

そんな魔法生物たちから『自分たちの住む世界を救うために、人間たちのエナジーが必要で、アイドルを目指している彼女たちに協力してもらっている』ということを知るのです。

しかし今だに売れることのないアイドルグループということもあり、大河はプロデューサー兼マネージャーとして、彼女たちをサポートすることになりました。

ファンとして、そしてプロデューサーとして『けもの道☆ガーリッシュスクエア』のメンバーを、人気アイドルにすることができるのでしょうか。

 

『けもスク』キャラクター&√紹介!

けもスクはアイドルでありながら、魔法少女としても活動しているヒロインたちとのサクセスストーリーが描かれています。

今作は元トップアイドルと、マイペースなヒロインがメインの話となっていました。

ここでは『けもの道☆ガーリッシュスクエア』のキャラクターと、簡単な√を紹介していきます。

 

皇はねる

出典元:Whirlpool

『けもの道☆ガーリッシュスクエア』のリーダーで、歌やダンスもかなりの実力を持つ、元トップアイドルで本作のメンヒロイン。

訳あってグループを脱退しても、再起を目指して新しい仲間と頑張っています。

かなり好みのビジュアルをしていて、はねるとえっちをするために購入したと言っても過言ではありません。

魔法生物の力を解除し、アイドル衣装から本来の姿に戻るところを主人公に見られることから、物語が動き出しました。

主人公が元々推していたアイドルということ、そして主人公に対して記憶を消す魔法が効かないということから、プロデューサーとして活動することになるのです。

いきなりのことで上手くいかず、ヒロインたちとの関係もギクシャクする中、以前から主人公と知り合いということもあり、はねるがもどかしく思います。

そこが非常に良く、はねるだけが特別な関係、特別な感情を持つようになるのです。

最初は主人公をほぼ独占していたはねるでしたが、後半から天寅が主人公にくっつくようになると、ちょっと嫉妬したり、素直になれないなど可愛い姿を見せてくれるようになります。

頑張り屋で猪突猛進なはねるがとても可愛く、魅力的で僕好みのヒロインでした。

 

二谷天寅

出典元:Whirlpool

『けもの道☆ガーリッシュスクエア』のオチ担当で、かなりのマイペース。

情熱がないというより、あまり感情が表に出ないタイプですが、ファンはそんな振る舞いも込みで受け入れてます。

しかし、そんな感情の起伏が少ない天寅ですが、主人公に対してだけは感情が出ていたところが非常に良かったです。

主人公と仲良くなっていく過程があまり無かったのが残念でしたが、恋心を自覚してからの天寅による甘えはニヤニヤが止まらないもの。

物語を通じて成長する主人公との関係の変化が上手く表現されていました。

 

兎月白雪

出典元:Whirlpool

『けもの道☆ガーリッシュスクエア』の(あざと)可愛いを担当する、おっとりほんわかお嬢様。

純粋で誰にも優しく、ナチュラルに人の心を奪うような言動をすることが多かったです。

メンバーにもプライベートなことは誰も把握しておらず、かなり謎に包まれた女の子だったため、続編での白雪の話が楽しみなところ。

けもスクで一番のナイスバディのため、えっちシーンも楽しみ。

 

森野球美

出典元:Whirlpool

『けもの道☆ガーリッシュスクエア』の元気を担当している、人一倍の頑張り屋で皆に元気を振りまく存在。

しかしノーとハッキリ言えない消極的な性格のため、魔法少女アイドルの時はオーバーワーク気味になっているという噂もあります。

こちらも今回はサブヒロインだったため、次回あるだろう続編に期待したいところ。

魔法少女衣装で胸元が開いてるのが最高にえっちなので、回想シーンが楽しみです。

八重歯舐めたい。

 

『けもスク』感想紹介!

『けもの道☆ガーリッシュスクエア』オープニングムービー

けもスクは軽いノリとテンポの良いテキスト、そして何よりたくさんの萌えを低価格で楽しめた作品となります。

一本道の物語で、2人のメインヒロインとイチャラブしつつ、癒されることができました。

ここでは『けもの道☆ガーリッシュスクエア』の感想を紹介していきます。

 

続編が非常に楽しみとなり、早くプレイしたいと思えた作品。

ストレートに言うと、大量の萌えを摂取でき、終始可愛いと呟いていたました。

はねるのビジュアルに惹かれてプレイを進めていくと、後半では素直になれないはねるも見ることができ大歓喜。

魔法少女衣装もかなりえっちで、足が美しすぎてずっと眺めていたいものでした。

そして天寅も√を進めていくと感情を主人公にだけ見せるようになり、甘えてくる姿は最高のもの。

ニヤニヤが止まらない内容に、続編で出るであろう白雪と球美も非常に楽しみになってきました。

ただロープライスのため仕方ないところはありますが、ヒロインが可愛かっただけに回想シーンがかなり少なく、本編では1回ずつと3Pが1回とかなり少なかったのがちょっと残念。

そして前半パートまででは、魔法生物たちの存在にストレスを感じる方もいるかもしれません。

ヒロインとの深まる関係性や、かなり良かったキャラデザ。

そんなキャラデザに見合ったヒロインたちの可愛さを味わえるため、間違いない作品となっています。

低価格の作品なので、キャラゲーマーや萌えを欲している人は、プレイしてみてください。

 

『けもスク』まとめ!

今回は『けもの道☆ガーリッシュスクエア』の感想、ネタバレを紹介してきました。

軽いノリと良いテンポで物語が進んでいき、可愛いヒロインたちによる癒しと萌えを感じることができた作品。

ヒロインたちのあまりの可愛さに、出るであろう続編が非常に楽しみになりました。

けもスクはアイドルもの、魔法少女、大量の萌えを摂取したい方は、ぜひプレイしてみてください。

プレイした感想を、コメントやTwitterにて待っています。

【FANZA】

【Getchu】

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました