【今日カノ】今日から彼女ですけど、なにか?1巻感想【レビュー】

ラノベ

今日から彼女ですけど、なにか?(愛称:今日カノ)は、2021年1月にオーバーラップ文庫より刊行された作品です。

美少女転校生と疑似カップルを演じていくうちに、関係が変化する作品になります。

卒業するために、疑似カップルとしてデートをする転校生が、普段のツンツンしてる態度はありながらも、可愛い仕草をするところが魅力的で可愛かったです。

ヒロイン以外にも個性あるキャラクターが多く、特に自分は桃先生がめちゃくちゃタイプでした。

卒業条件が恋人を作るという学校で、彼女ができない主人公と、青春したくない転校生による青春交錯ラブコメディになります。

今回は『今日から彼女ですけど、なにか?』の感想、ネタバレをしていきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

 

青春交錯ラブコメディ!『今日カノ』あらすじ紹介!!

出典元:オーバーラップ文庫

今日カノは、訳あって恋人のできない主人公が退学の危機に迫る中、救済処置として転校生と疑似カップルを演じることになります。

疑似カップルを演じていくうちに、2人の関係が変化していくのです。

ここでは『今日から彼女ですけど、なにか?』のあらすじを紹介していきます。

 

今日カノは、少子化対策のために政府が制定した『恋愛推進法』があります。

そして恋愛推進法のために設立された『国立恋実高校』を舞台に、物語が進んでいきます。

恋愛推進法とは、少子化対策として日本政府が製作した『少子化対策基本法』にある条項の一つになります。
具体的な内容は『高校生活中に恋人を作り、卒業後に結婚をした人たちには、様々な面での生活の扶助や免除を行う』というものです。
国立恋美高校とは、『恋愛推進法』により全国に設立された恋愛推進高校の一つです。
通常の授業に加えて、恋人を作るためのカリキュラムや制度が存在します。
卒業条件として、恋人がいるかもしくは、在学中にいたかという実績が必要です。
主人公は恋実高校に入学し青春を謳歌するつもりで入学しましたが、1年の時に起こしてしまった事件によって恋人ができず、退学の危機が迫っていました。
その事件とは、1年生でのオリエンテーション合宿で『女湯を覗こうとした』ことです。
このことにより、女子生徒から『女湯を覗こうとした超弩級変体クソ野郎』と呼ばれることになり、恋人ができないまま2年生になりました。
そんな中、青春や恋愛をしたくないけど、扶助のために恋実高校に転校してきた薫と出会います。
恋人ができず退学の危機が迫る主人公と、青春や恋愛をしたくない薫は疑似カップルを演じることになるのです。
恋愛や青春を知らない薫に、主人公は歩み寄っていきます。
主人公は薫に、青春を謳歌してもらうことが出来るのでしょうか。

恋人のいないヒロインたち!?『今日カノ』キャラクター紹介!!

恋愛を推進している学校が舞台ですが、なぜか主人公である春太の周りだけ、恋人のいない人物たちが集まっています。

しかし主人公とは違い、普通に学校生活を送っていれば恋人ができそうな、魅力あるヒロインたちばかりなのです。

ここでは『今日から彼女ですけど、なにか?』のキャラクターを紹介していきます。

 

黄志薫(きしかおる)

出典元:オーバーラップ文庫

恋実高校の2年生で主人公のクラスメイト。

とある事情から恋実高校に転入してきますが、恋愛や青春は嫌いということで、春太から『青春不良乙女』と呼ばれています。

転入してすぐの恋愛テストで0点を取り、退学の危機を迎えたところ、同じ境遇の春太と疑似カップルになるよう指示されてしまいました。

ツンツンしていますが、キャラもののぬいぐるみを可愛がるという一面もあり、ギャップの強い子です。

 

白埜咲百合(しろのさゆり)

出典元:オーバーラップ文庫

恋実高校の2年生で、薫と一緒に転入してきた清楚可憐な黒髪乙女です。

春太の一目惚れをした相手になります。

今回はどのような子か、あまり分かりませんでした。

次巻では咲百合の話も、もう少しあると嬉しいですね。

 

紫吹心奈(しぶきここな)

出典元:オーバーラップ文庫

恋実高校3年生ですが、恋人ができず留年を繰り返した20歳。

愛称はココナッツ先輩。

この設定を見たとき「ただのイメクラじゃん」と思ったのは内緒です。

主人公のことをからかったりすることが多く、もしかしたら気があるのではと思うこともあります。

どこかの先生よりもオトナっぽい雰囲気があり、桃先生がいなかったら今作の一推しヒロインでした。

 

灰崎真理(はいざきまり)

出典元:オーバーラップ文庫

恋実高校の国語教師で、アラフォーの独身。

年齢だけを見ると自分のウトライクゾーンですが、春太に迫ってくる感じや、若々しく見せようとする言葉遣いに、ちょっと痛さがありました。

しかし、そこが面白いところでもあり、今日カノにはいなくてはならない人物です。

 

桃萌玲(もももえれい)

出典元:オーバーラップ文庫

恋実高校の数学教師で、僕の恋人になります。

クールビューティで生徒からの人気も高く、彼氏の僕としては鼻が高いです。

愛犬との生活に満足し、未婚沼にハマり始めてるところを僕が手を差し伸べ、無事交際がスタート。

最近はいつ婚約を結ぶかという話を食卓でするのが日課という妄想をしてる位、桃先生の出番がもっと欲しいですね。

次の巻期待しています。

疑似カップルから始まるラブコメ!『今日カノ』感想紹介!!

出典元:オーバーラップ文庫

疑似カップルとして演じることになった2人は、仲良く下校したり、休日は街でデートをしたりと恋人のように振舞います。

2人は疑似カップルを演じているうちに、関係が少しずつ変化していくのです。

そんなある日、主人公である春太は、薫の秘密を知ることになりました。

ここでは『今日から彼女ですけど、なにか?』の感想を紹介していきます。

 

とにかく先に言いたいのが、こんなに可愛くて魅力的な女の子ばかりで最高の作品です。

特に桃先生は僕の好みでしたし、今後続編が出るのであれば、ぜひ出番を増やして欲しいとおもうレベルでした。

2021年ラノベ作品で、今のところ1番です。

もちろんメインヒロインの薫も可愛いかったし、ココナッツ先輩もめちゃ好みでした。

春太がゲーセンで、キャラクターのぬいぐるみを、薫にプレゼントした時の仕草なんて最高です。

春太が薫の秘密を知り、青春できるようポジティブに行動をしたところも良かったです。

ただ一つ。

この作品唯一にして最大の欠点としては『主人公の好みが合う合わないが分かれる』というところ。

どういうところかと言いますと、

  • 口調が独特(話し方が古のヲタクっぽい)
  • ノリやテンポ
  • 暑苦しさ

です。

試し読みは絶対にした方が良いと思います。

僕は合わなかったですが、それを上回る女の子の可愛さがあり楽しめたところが大きいです。

主人公のことが特に気にならなければ、かなり楽しめる作品となります。

あとはココナッツ先輩の謎や、咲百合との恋愛とかも気になるところが多かったので、2巻を楽しみに待ちます。

 

『今日カノ』まとめ

今回は、『今日から彼女ですけど、なにか?』の感想、ネタバレを紹介してきました。

主人公さえ合えば、最高に楽しめる作品となっています。

薫とは関係が変化してきましたが、他のヒロインが謎に包まれてるところが多いので、次の巻を楽しみにしましょう。

この作品のヒロインについて話がしたいので、気になった方はぜひ読んでみてください。

感想をコメント、Twitterにて待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました