カミガミと過ごす日常!まどひ白きの神隠し感想!【レビュー】

エロゲ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

まどひ白きの神隠し(愛称:まどきの)は、2021年5月にLump of Sugarから発売されたゲームです。

まどきのは、人間が住む世界で過ごしていた兄妹が、『カミガミ』の住む異世界に迷い込みんでしまい、元の世界へも戻る方法を探す物語になります。

カミガミとは、神話の神様から妖怪、都市伝説の類などの、あらゆる想像上のモノたちの総称。
実体化したカミガミたちは、ほぼ人間と同じ生活を送れますが、寿命という概念が無いため、のんびりゆったりと過ごしています。
異世界でカミガミと過ごす、ゆったりとした日常を楽しめた作品でした。
まどきのはキャラゲー、ケモノっ娘、ゆったり過ごす日常が好きな方にオススメしたい作品です。
今回は『まどひ白きの神隠し』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレが苦手な方、18歳未満の方はページから離れましょう。

18歳未満はこちら

 

カミガミと過ごす日常作品!『まどひ白きの神隠し』あらすじ紹介!

Twitter:@nakoccho

まどきのは、雪の降る地でカミガミたちとのゆったりとした交流を楽しめる作品になります。

人間の住む世界とよく似ている異世界で、カミガミたちと過ごす温かい日常が繰り広げられていた作品でした。

ここでは『まどひ白きの神隠し』のあらすじを紹介していきます。

 

カミガミと過ごす心地よい日常を過ごしながら、元の世界に戻る方法を探す物語。

主人公『巧斗』と妹『椎凪』は、自宅の鏡面から飛び出してきたキツネ耳の少女『ろか』との出会いから物語が始まります。

ろかに事情を尋ねるも要領を得ないまま、飛び出してきた鏡に向かって走りだしました。

巧斗と椎凪は、ろかを追いかけて鏡へ飛び込み、目を開けると人間の世界とよく似ている異世界へ迷い込んでしまうのです。

その異世界では、人ではない『カミガミ』の住む世界でした。

そんな世界で、どこか浮世離れしたウサ耳の少女『みこと』と出会います。

異世界で出会ったヒロインたちと共に、巧斗は元の世界に戻る方法を探していくことになります。

元の世界へ戻る方法を探していると、巧斗と椎凪の秘密も知ることになるのです。

巧斗と椎凪の秘密とはなんなのか。

そして巧斗は元の世界へ戻ることが出来るのでしょうか。

 

『まどひ白きの神隠し』キャラクター&ルート紹介!

まどきのに登場するヒロインたちは、想像上のモノが実体化したカミガミになります。

個別√も可愛く魅力的なヒロインたちと、ほのぼのした日常を楽しめました。

ここでは『まどひ白きの神隠し』のキャラクターと、簡単な√を紹介していきます。

 

みこと

出典元:Lump of Sugar

お茶目で寂しがり屋なイタズラウサギ。

明るく気さくで親しみやすい性格ですが、不意に真面目な顔も見せたりする不思議な少女。

一番えっちシーンが良かったヒロインでした。

信仰が薄くなっていたため、数百年周りから認識されずに1人だったところを、主人公に見つけてもらうことで、意識し始めます。

そんな恩人でもある主人公を、みことの持つ『ツクヨミ』の力を使い、元の世界に返そうとしました。

しかし、力を使ったことにより信仰が弱まり、再びみことが消えかけそうになるのです。

主人公と恋人になってからは、みことの好き好きな態度が全開に出ていて終始甘い展開が続きました。

みことが消えてから明らかになった過去話を知った後、今までの日常シーンがじわじわと胸にきます。

主人公と過ごす1つ1つの時間が大切なものだったのです。

最後はずっと1人だったみことが、2人の娘を産み母親になり、主人公と幸せな家庭を築いてるシーンを見て涙が止まりませんでした。

とても温かい話と、回想シーンが1番えっちだったヒロインだったと言えるでしょう。

 

椎凪

出典元:Lump of Sugar

兄と一緒に神隠しされたマイペースな妹。

主人公である兄と、カミガミの世界に神隠しされてきたマイペースな妹。

感情の起伏は小さいですが暗いわけではなく、あまり人見知りもせず意外とノリの良い性格をしています。

共通で元いた世界へ帰る条件から、産みの親がカミガミの世界にいるかもしれないことから、手掛かりを探していくことになりました。

手掛かりを探しているときに、主人公は椎凪が特別な存在である事に気付き、好意を伝えますがあっさりと受け入れられ逆に戸惑うことに。

恋人になってからも『にーさん』という呼び方は変わりませんでしたが、なかなか手を出さない主人公に夜這いをするほど、椎凪のほうが積極的な一面もありました。

こんなえっちな身体つきをした子に夜這いされたら、流石に手を出さざるをえないでしょう。

√を進めていくと、主人公と椎凪が『イザナミとイザナギ』であることが判明するという驚きな展開に。

街のあらゆるところで虚無化が起こっているのを、2人はイザナミの力を使い解決していきます。

元いた世界にも戻りたいけど、カミガミたちと過ごした日々も忘れられない2人は、現世に戻るも力を使いカミガミたちの世界を行き来できるようになるのでした。

1番まどきのという作品らしい終わり方をしていた√だったと言えます。

 

ろか

出典元:Lump of Sugar

おかーさんが大好きで元気いっぱい無邪気なキツネ娘。

主人公たちを神隠ししてしまった、キツネ耳と尻尾を持つ無邪気で元気いっぱいの少女。

母である楠葉と同じく九尾のキツネの化身で、まだまだ未熟な少女ですが主人公たちを神隠ししたことに責任を感じ、メイドとして仕えることに。

最初は主人公とパパと娘という関係でしたが、母とみことにヤキモチを焼くことで好意を持っていることに気付きます。

恋人の関係になり皆から色々聞かれているときに、耳と尻尾がパタパタと動き、感情が隠せてないシーンは可愛かったです。

全体的に父性を感じた√でしたが、ろかの話ではカミガミの存り方が描かれていて面白いと思いました。

ろかの九尾としての力、認識が強まることで、母との世代交代をするという物語。

ろかは世代交代をすることで、母が消えてしまうことを嫌がります。

最後の着地点はハッピーエンドにするならこの終わり方が良いなという感じでした。

パパの気持ちになれた√。

 

千代

出典元:Lump of Sugar

こんな女性とお付き合いしたい人生でした。

道具として扱って欲しいと言い続けてくれて、付喪神のアピールをしてくれた千代。

好きにならない理由がありません。

古風な感じの女性で、常に一歩下がって相手を立てようとするところも、将来有望なお嫁さんになりそうで楽しみです。

付き合ってからも好き好きオーラ全開で、終始甘々な展開で幸せなものでした。

それだけに最後、恋人になったことを街の人に色々言われ、エピローグでは何事も無かったように話に入ってくる奴らにモヤモヤしてしまったことを誰が責めれるでしょうか。

これからも千代と2人、仲良く幸せに暮らしていきます。

 

『まどひ白きの神隠し』感想紹介!

まどひ白きの神隠し オープニングムービー

異世界でカミガミと過ごす日々が描かれていた作品。

色々突っ込みどころはあるも、ヒロインたちとの幸せそうな日々を見ていて癒しをもらえた素晴らしい作品でした。

ここでは『まどひ白きの神隠し』の感想を紹介していきます。

 

やっぱり僕はLump of Sugarが好きだし、好きでいて良かったなと感じました。

まどきのは雰囲気もかなり良く、ヒロインの可愛さも抜群だったので、非常に僕好みの作品だったと言えるでしょう。

特に椎凪や千代は可愛いさや魅力を物凄く感じることができましたし、まどきのヒロイン全員が主人公に対して好きであるオーラを振り切っていたところが、ひしひしと感じました。

本来の目的であった、元いた世界に戻るはどこにいったのか?と感じる方もいるかもしれません。

でもいいじゃないでしょうか。

ヒロインがみんな幸せそうな表情をしているならば。

だからこそ、好きなヒロインだった千代の最後が少し残念さがありました。

主人公と結ばれた千代と幸せな2人を、自分たちの秘密をばらされる恐れがあるから別れろと言ってきた街の人たち。

そして2人が問題を解決したあとに、何もなかったかのように絡んでくる街の人たちに少しモヤっとする瞬間がありました。

千代の最後以外はいつものLump作品として楽しめた作品です。

ふみたけさんのケモ耳と尻尾は、変わらず最高ですね。

次の作品も楽しみにしています。

 

『まどひ白きの神隠し』まとめ

今回は『まどひ白きの神隠し』の感想、ネタバレを紹介してきました。

いつものLumpらしさに、今作まどきのは雰囲気も良く素晴らしい作品となっています。

異世界での温かい日常、そして魅力ある可愛いヒロインたちと過ごす日々に癒されました。

まどきのはキャラゲー、ケモノっ娘、ゆったり過ごす日常が好きな方はぜひプレイしましょう。

プレイした感想を、コメントやTwitterにて待っています。

【FANZADL】

【Getchu】 

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました