【2巻】七人の魔剣姫とゼロの騎士団2巻感想!【レビュー】

ラノベ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

七人の魔剣姫とゼロの騎士団2(愛称:七人の魔剣姫)は2021年4月に、MF文庫より刊行された作品です。

七人の魔剣姫は、最強の魔剣姫VS異端児が巻き起こす魔剣の学園ファンタジーになります。

七人の魔剣姫2巻では、先輩の魔剣姫が勢ぞろいし、実力を見ることができました。

そして最大の壁だった学園長代理であるエレミアの思惑が、判明する巻となっています。

バトルファンタジー、ハーレム要素がある作品が好きな方にオススメしたい作品です。

今回は『七人の魔剣姫とゼロの騎士団2巻』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

1巻の感想はこちら。

 

バトル学園ファンタジー!『七人の魔剣姫2巻』あらすじ紹介!

出典元:七人の魔剣姫公式Twitter

七人の魔剣姫2巻は、上級生の魔剣姫たちの実力が判明します。

そして主人公たちの前に最強の魔剣姫である、学園長エレミアが立ちはだかるのです。

ここでは『七人の魔剣姫とゼロの騎士団2』のあらすじを紹介していきます。

 

七人の魔剣姫VS異端児の学園バトルファンタジー2巻。

転校早々に騒動を巻き起こした主人公ナハトは、シャーロットと共にゼロの騎士団を立ち上げました。

そんなナハトたちを良く思わない上級生の魔剣姫たちは、ゼロの騎士団を本格的に潰しにかかります。

部室や新たな団員の確保に苦しむナハトたちでしたが、めげずに魔剣姫たちと接触することで、様々な変化を引き出すことに成功しました。

そんな中、最大の壁となって立ちはだかるのが、学園長代理である『エレミア』だったのです。

シャーロットの因縁の相手との戦いに、新たな仲間たちと挑む中、エレミアの思惑が絡み事態は思わぬ方向へ進展していきます。

上級生魔剣姫たちの実力、エレミアの思惑が判明していく2巻。

果たしてゼロの騎士団は、エレミアの因縁相手に勝つことができるのでしょうか。

 

『七人の魔剣姫2巻』キャラクター紹介!

出典元:MF文庫

七人の魔剣姫2巻では、先輩魔剣姫たちが勢揃いしました。

そして実はエレミアが1番の・・・

ここでは『七人の魔剣姫とゼロの騎士団2』のキャラクターを紹介します。

1巻からの登場キャラクターはこちら。

 

エレミア

学園最強の魔剣姫ですが、今回の2巻では主人公に姉と呼ばれて急激に乙女に。

主人公を姉として甘やかそうとしたり、1巻での凛々しさがどこに行ってしまったのか。

完全なチョロイン枠。

最高の一言。

 

フルカタ

完全に僕の好みを具現化した女の子。

1番最初にチョロインと感じるくらい分かりやすい女の子でしたが、2巻でついに確定しました。

1巻で胸を触られた時の乙女な反応と、常のクールな感じのギャップが堪らない女の子です。

 

ラナンシャ

他の魔剣姫と違い大らかで寛容な性格。

ゼロの騎士団を良く思わない先輩魔剣姫たちの中で、唯一協力を申し出てくれた女の子。

褐色肌なのがとても色っぽくてグッド。

 

スピカ

自分に絶対の自信を持っている女の子で、他人は自分の思い通りになると思っていました。

しかし自分の得意分野で攻めたにも関わらず、主人公には通じなかったことから、途端にムキ担ったりと子供っぽいところも。

 

ミルティ

見た目は幼女っぽいですが、武闘派な先輩魔剣姫。

ナハトですら強いと認めた実力を持つも、戦いの最中に下着を覗かれて頬を染めて恥ずかしがるシーンはただの可愛い女の子でした。

 

『七人の魔剣姫2巻』感想紹介!

七人の魔剣姫2巻であ新たな仲間と、先輩魔剣姫たちとの絡みが豊富で、非常に面白かったです。

特に最後のエレミアは、今後主人公に対してどう接していくのか非常に楽しみな女の子となっていました。

ここでは『七人の魔剣姫とゼロの騎士団2』の感想を紹介していきます。

 

先輩魔剣姫たちとの掛け合いが多く、そこが1番楽しめた巻でした。

1巻では分からなかった先輩たちの実力も少し判明し、どのような女の子かというのも知れた話。

かなりテンポ良く進み、特にバトルファンタジー要素が強めだったので、あっという間に読み切ることができました。

登場するヒロインみんな可愛く、魔剣姫のみんながチョロそうなヒロインばかりだったので、ハーレムへの期待値が爆上がりして喜んでいます。

特にエレミアの落ち具合はすごく、突然の姉属性が出てきてニヤニヤが止まりませんでした。

魔剣姫1のチョロインと言えるでしょう。

そして最後。

シャーロットとアリア2人での会話。

アリアが主人公のことを好意があると、シャーロットに伝えるのです。

主人公の争奪戦で、アリアが一歩抜きに出た2巻。

バトルファンタジー要素はもちろんのこと、恋愛も今後の展開が楽しみになったと言えるでしょう。

 

『七人の魔剣姫2巻』まとめ

今回は『七人の魔剣姫とゼロの騎士団2巻』の感想、ネタバレを紹介してきました。

魔剣姫全員の掛け合い、そして実力が判明し面白い話だったと言える内容。

エレミアのギャップ、そしてシャーロットに対してアリアの牽制と恋愛方面にも動きがあり、今後の展開が非常に楽しみになってきました。

バトルファンタジー、可愛い女の子がたくさん登場する作品が好きな人に強くオススメしたいです。

購読された方は、感想をコメントやTwitterにて待っています。

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました