【ネトクル】ネトゲの嫁が人気アイドルだった感想!【レビュー】

ラノベ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ネトゲの嫁が人気アイドルだった(愛称:ネトクル)は、2021年5月にオーバーラップ文庫より刊行された作品です。

ネトクルは、WEB小説投稿サイト『小説家になろう』が原作のライトノベルで、クールな嫁のデレにニヤニヤが止まらない作品となっています。

同級生のアイドルという高嶺の存在だったヒロインが、実は主人公がプレイしているネトゲの結婚相手でした。

そんなネトゲでの嫁だったヒロインに、リアルバレをしたことにより、現実でも嫁として振舞うようになります。

クーデレ、青春ラブコメ、ヤンデレ気質のあるヒロインが好きな方にオススメしたいラノベです。

今回は『ネトゲの嫁が人気アイドルだった』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

 

悶絶必須の青春ラブコメ!『ネトクル』あらすじ紹介!

出典元:オーバーラップ文庫

ネトクルは、ネトゲでの嫁だったヒロインにリアルバレをしたことで、現実でも嫁として振舞うようになります。

クールですが愛の重いヒロインとのラブコメが楽しめたラノベでした。

ここでは『ネトゲの嫁が人気アイドルだった』のあらすじを紹介していきます。

 

クールだけど愛が重いヒロインと過ごす青春ラブコメ。

大人気のオンラインゲーム『黒い平原』の結婚システムにより、ゲーム内で嫁がいる主人公『和斗』。

いつも通りゲーム内の嫁『リン』と軽いやり取りをしつつネトゲを楽しんでいました。

ある日、和斗が何気なく推しているアイドル『水樹凛香』の話をすると、リン=水樹凛香であるおとが判明したのです。

和斗と凛香は同じクラスメイトですが、彼女は『男嫌い』で有名というクールな女の子。

そんな凛香が和斗がネトゲでの婚約者と判明した翌日に「これからはリアルでも一緒にいられるね」と、現実世界でも嫁として立ち振る舞うようになるのです。

凛香は距離感をどんどん近づけ、和斗にまっすぐ重い愛をぶつけてきます。

あまりの重さに、和斗のネトゲフレンド(男)にも嫉妬してしまうほどです。

凛香が和斗にこれほどまで惚れ込んでいたのには理由がありました。

アイドルグループ結成からの長い下積み時代、良からぬ思いを抱えた人物が近づいてきて、誰も信用できなくなっていた凛香。

そんな凛香に、ネトゲ内で和斗だけは変わらずに接していたのです。

そんな和斗に支えられているうちに、心がどんどん惹かれていくのでした。

嫁として振舞う凛香。

そんな中、突然の出来事に戸惑う和斗は、自身が凛香のことを好きなのかどうかを悩み続けるのです。

果たして和斗は、凛香の重い愛をどう受け取っていくのでしょうか。

 

『ネトクル』キャラクター紹介!

出典元:オーバーラップ文庫

クールなお嫁さん凛香を中心に、彼女を取り巻くキャラクターが良い演出をしてくれていました。

凛香に幸せになってもらおうと行動する、周囲のキャラたちの出番も、もっと増えて欲しいですね。

ここでは『ネトゲの嫁が人気アイドルだった』のキャラクターを紹介していきます。

 

水樹凛香

ネトゲを始めようと思ったきっかけをくれた女の子。

学校ではクールですが、好きな人の前では全力で甘えてくる凛香が可愛くて可愛くてたまりません。

こんなに尽くしてくれる女の子に出会いたかったですね。

主人公ではないのに、凛香の仕草や言葉一つ一つに胸のドキドキが止まりませんでした。

今では人気アイドルグループになった『スター☆まいんず』ですが、下積み時代に和斗と出会うことで凛香が変わり、グループの人気が出てくるようになります。

和斗に向ける愛を少しでも僕に向けてくれたら、どんなに幸せかと思いながら読んでいました。

糖分過剰摂取。

ごちそうさまでした。

 

胡桃坂奈々

人気アイドルグループ『スター☆まいんず』のセンターで、凛香と一番仲が良い元気アイドル。

誰とでもすぐ仲良くなれる性格で、辛い時期に凛香を支えてくれた和斗に感謝をしています。

そのため和斗と凛香の仲を応援することになりました。

 

水樹乃々愛

凛香の妹で、ギリギリな発言を無自覚で発することもしばしばあります。

遊びに来た和斗とすぐ仲良くなる幼女ですが、愛くるしすぎてお持ち帰りしたくなりました。

僕はロリコンではありません。

ただのパパです。

 

水樹香澄

凛香の姉で基本は真面目な性格。

水樹家の中では貴重である『普通の感性』の持ち主。

正直な話をすると、水樹家の姉妹が好きすぎて誰でも良いのでお付き合いしたいです。

それだけ魅力ある女の子たちということなので、許してください。

 

『ネトクル』感想紹介!

出典元:オーバーラップ文庫

ネトクルはクールな同級生が好きな主人公を前にするとデレデレし、まっすぐな好意を向けてくるニヤニヤが止まらないラノベです。

アイドルでもあり、ネトゲのプレイヤーでもあり、学校ではクールな美少女と色んな凛香を楽しめた作品でした。

ここでは『ネトゲの嫁が人気アイドルだった』の感想を紹介していきます。

 

愛の重い凛香による熱烈なアプローチと、突然の結婚に戸惑う和斗によるラブコメが楽しめた作品。

ネットで結婚していた2人が、現実でも結婚しているという凛香による謎の理論に、和斗は自身の気持ちに戸惑っていました。

話は保留になりながらも、常に和斗に好意をぶつけてくる凛香の一途さと重さにニヤニヤが止まらない展開が続きます。

そんな凛香が和斗に執着するのも、辛い時期を彼にネトゲを通じて救ってもらったという大きな理由があったのです。

ネトゲを通じて救われた凛香のことを知る家族や、同じアイドルグループ奈々が幸せになって欲しいとの想いから和斗と凛香をくっつけようとします。

辛い時期を知ってから凛香のアプローチや、周りが手助けする話を見ると温かいなぁと感じました。

そんな周りの手助けもあり、戸惑っていた和斗が凛香を好きという自身の気持ちに気付き、告白するシーン。

心の中でガッツポーズをしてました。

そのあと目を輝かせて素直に喜ぶ凛香を見て、読んでいる自分が顔を覆いたくなるような可愛さで、直視できません。

エピローグでは凛香視点で物語が完結に進んでいき、あの場面では凛香はこのように思っていたという話が描かれているのも非常にポイントが高かったです。

ヒロイン視点がある作品は彼女たちの魅力をより引き出してくれるので、全てのラブコメに取り入れるべきでしょう。

最後は凛香がどれだけ和斗のことを想っているかが分かりやすく描かれていて面白さと、恐怖が入り混じってました。

続巻が楽しみですね。

 

『ネトクル』まとめ

今回は『ネトゲの嫁が人気アイドルだった』の感想、ネタバレを紹介してきました。

クールながらも愛がかなり重い凛香の可愛さに、胸を打たれ続けたラノベ。

これだけ想われてる主人公は羨ましいと、ハンカチを噛んでしまうレベルです。

周りの友人キャラや、凛香の姉妹も良い感じに2人を引き立てていて楽しめました。

クーデレ、青春ラブコメ、ヤンデレ気質のあるヒロインが好きな方は購読すべきラノベでしょう。

購読した感想をコメント、Twitterにてお待ちしています。

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました