【感想】【2巻】厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由【レビュー】

ラノベ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由2巻(愛称:女上司デレ)は、2021年4月にGA文庫から刊行された作品です。

学生時代からお互いが好意を抱きながらも、素直に伝えることができず社会人となり、上司と部下の関係になってしまいます。

そんな2人がタイムリープをし、後悔があった学生時代を送り直すことになり、自分の気持ちに素直になろうとする作品です。

2巻では新キャラ登場、そして1巻で消化不良気味だった甘い展開があり素晴らしい巻でした。

今回は『厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

1巻の感想はこちら。

 

学園のカリスマギャルが急接近!『女上司デレ2巻』あらすじ紹介!

出典元:GA文庫

女上司デレ2巻では新キャラの登場、そして1巻で消化不良気味だった甘い展開が用意されていたため、非常に楽しめた巻でした。

ここでは『厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由2巻』のあらすじを紹介していきます。

 

会社員から高校生へタイムリープをした主人公『七哉』と、上司『透花』。

2人は高校生へ戻ってから初めての夏休みを迎えます。

七哉と透花はお互いに距離を縮めたいと考えていました。

そんなことを思っている2人の前に、学園のカリスマギャル『左近司琵琶子』が現れるのです。

琵琶子は七哉のことを気に入り急接近します。

そんな2人を見て焦る透花が大暴走。

しかし琵琶子が七哉に近づいたのは、透花と仲良くなりたいためだったのです。

透花と琵琶子の仲を近づけるため、七哉は作戦を立て琵琶子のおじいちゃん家に泊り、夏祭りへ参加することに。

琵琶子のおじいちゃん家で過ごすことで、透花と琵琶子の仲が良くなります。

それだけでなく、夏祭りで起きたトラブルにより、ずっと止まっていた七哉と透花の関係が進展することになるのでした。

 

『女上司デレ2巻』キャラクター紹介!

出典元:GA文庫

女上司デレ2巻は新キャラ『琵琶子』が登場します。

琵琶子が苦手な透花。

透花と仲良くなりたいのに、素直になれずツンケンしてしまう琵琶子。

2人のやり取りを楽しむことができました。

ここでは『厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由2巻』のキャラクターを紹介していきます。

 

佐近司琵琶子

透花と同じ高校2年生で、七哉の先輩。

学園のカリスマギャルで、透花以外なら初対面の人とでもすぐ仲良くなれます。

昔助けてくれた透花に憧れていて、仲良くなりたいと思っていますが、本人を前にすると緊張して素直になれないでいました。

 

その他のキャラクター

1巻の感想にて紹介しています。

よろしければそちらをご覧ください。

1巻の感想はこちら。

 

2人の関係が進展!?『女上司デレ2巻』感想紹介!

出典元:GA文庫

女上司デレ2巻は、1巻で物足りなさを感じた透花と七哉の甘い関係を見れた気がします。

新キャラ琵琶子と七哉の関係に戸惑い、焦る透花との前半。

そして後半では透花と琵琶子にトラブルが発生します。

そのトラブルにより、七哉と透花の関係が少し進展するのです。

ここでは『厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由2巻』の感想を紹介していきます。

 

両片思いラブコメの第2弾。

お互いが好意を持ちつつ、自分が相手を好きでいる自覚がある2人。

ですが相手の好意には鈍く、素直に受け取ることが出来ず、深読みをしてしまう2人の掛け合いを楽しめた作品でした。

最初の見せ場。

水着姿を褒める七哉に照れ、恥ずかしくなり逃げる透花。

本当に可愛かったし、何よりキレイでしたね。

クールなヒロインの水着は黒色を好む僕ですが、白だと清楚さと可憐さが際立ち美人がさらに映えパーフェクトの一言。

今回は琵琶子という新キャラが出てきますが、昔助けてくれた透花に憧れていて仲良くなろうとします。

しかし素直になれずツンケンしていたところ、透花に怖がられてしまうことに。

そこで七哉に相談し、琵琶子の実家でお泊りをし夏祭りまで過ごすことになるのです。

七哉と琵琶子が急接近し焦る透花。

七哉がギャルを好きと勝手に思い込み、BBQで琵琶子と同じツインテールにしてきた瞬間は胸がトキメキました。

このときBBQで出会った男2人と夏祭りでトラブルが起きます。

このトラブルがきっかけで、透花と琵琶子は友達になりました。

そして琵琶子を逃がして1人で男2人を相手にする透花を、七哉が助けにくるのです。

そのあと2人で花火を見ていると、トラブルが起きたときのことを思い出し、怖かったという透花が七哉に抱きます。

ここが2巻最大の見せ場でもあり、1巻で物足りなかった甘さを放出した瞬間だったと言えるでしょう。

ここまでしてるのに、お互いが「なぜ自分にデレたのか分からない」と言うのです。

女上司デレを読んでる僕からすると「なんでこんなにお互い好意が分かりやすいのに伝わらないのか」ということの方が分かりません。

こんな2人ですが、いつか好意が伝わって幸せになって欲しいなと思いました。

 

『女上司デレ2巻』まとめ

今回は『厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由』の感想、ネタバレを紹介してきました。

2人の好意がすれ違うラブコメに、進展の兆し。

お互いが鈍感すぎて、好意にいつ気付くのか楽しみになってきました。

透花のクールだけどテンパって少しポンコツになるところを、今回も楽しめましたし、新キャラ琵琶子の活躍も今後期待していきたいです。

クールなヒロイン、好意をお互い持っているけど伝えれないラブコメが好きな方はぜひ購読しましょう。

購読された方は、感想をコメントやTwitterにて待っています。

Twitteのフォローもよろしくお願いします。

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました