【感想】幼なじみからの恋愛相談。【レビュー】【ネタバレ】

ラノベ

萌えブログ - にほんブログ村

幼なじみからの恋愛相談。(略称:おされん)は、2021年4月にスニーカー文庫より刊行された作品です。

おされんは、WEB小説投稿サイト『小説家になろう』が原作のライトノベルで、不器用な幼なじみ同士が紡ぐ、甘くて焦れったい恋物語になります。

ヒロインの主人公へ対する好意が分かりやすい。

しかし主人公が俺じゃないかもと思い、鈍感を発揮したりなど、2人の王道なラブコメが楽しめました。

幼なじみが好き、焦れったい恋物語が好きな方にオススメしたい作品です。

今回は『幼なじみからの恋愛相談。』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

 

不器用な2人によるラブコメ!『おされん』あらすじ紹介!

出典元:スニーカー文庫

おされんは2020年7月『小説家になろう』にて、現実世界恋愛ジャンル部門で1位になった作品です。

そんなおされんが、1年越しに書籍化しました。

主人公と幼なじみによる甘くて焦れったいラブコメが楽しめた作品です。

ここでは『幼なじみからの恋愛相談。』のあらすじを紹介していきます。

 

不器用な幼なじみ同士が紡ぐ焦れったくも甘いラブコメ。

疎遠になっていた幼なじみ『雛形栞』から、突然呼び出されることになった主人公『殿村隆之介』。

隆之介は栞に「好きな人ができた」と恋愛相談を受けることになります。

しかし彼女いない歴=年齢の隆之介に恋愛相談するのは間違っているのでは?と思いつつも相談を受けました。

栞が好きな人がどのような人かと言うと、

  1. 身近にいてイケメン
  2. 同じ学校にいるため話そうと思えば話せる
  3. 連絡先は知らない
  4. 昔からずっと好き

とのこと。

隆之介はもしかしてと思いながらも、そんなことはないかと思うのでした。

恋愛相談という名のアプローチが始まり、もう告白してるじゃんと思うような好意を向けられながらも、鈍感すぎて気付かない隆之介。

そうこうしてるうちに、中学時代に隆之介のことが好きという噂があった後輩『本間小夏』が現れます。

2人のラブコメはどんな展開になっていくのでしょうか。

 

『おされん』キャラクター紹介!

出典元:スニーカー文庫

鈍感な主人公と可愛すぎる美少女幼なじみによるラブコメ作品。

そこにライバルと思われる後輩も加わりどうなっていくのでしょうか。

ここでは『幼なじみからの恋愛相談。』のキャラクターを紹介していきます。

 

殿村隆之介

高校2年生で、栞の幼なじみ。

中学からは自然と疎遠になっていましたが、恋愛相談を受けることで再び関係を持つことになります。

元野球部のエースで期待されていましたが、ケガを理由に引退しました。

狭く深い交友関係を好むため、友達は多くありません。

 

雛形栞

高校2年生で隆之介の幼なじみ。

僕の好きな女の子で、口数は少なく普段は無表情なことも多いクールビューティ。

隆之介に見せる豊かな表情を僕にも見せて欲しいですね。

女子バスケ部に所属しているバスケ少女。

フリフリしたい。

 

本間小夏

隆之介の中学時代の後輩で、栞と並んで学園人気が高い女の子。

アイドル顔負けの容姿と、誰にでも同じように接する性格で、中学時代は隆之介が好きだったと噂があります。

栞との三角関係になるのでしょうか。

 

甘くて焦れったい恋物語!『おされん』感想紹介!

出典元:スニーカー文庫

明らかに隆之介が好きだと分かるレベルの好意を向けている栞が可愛く、アプローチをする姿がいじらしくて最高でした。

栞の妹で保育園児『涼香ちゃん』も父性がくすぐられる感じがして良かったですし、20年後が楽しみな女の子でした。

僕はロリコンではありません。

ここでは『幼なじみからの恋愛相談。』の感想を紹介していきます。

 

好きと言えない栞ですが、周りから見れば分かりやすい好意を、頑張って気付いてもらおうとしている姿に、ニヤケ顔が止まりませんでした。

主人公が鈍いため好意に気付けず、お互いの不器用さが見ていてもどかしい作品になっています。

焦れったく甘い部分が非常に王道で、良いラブコメ作品だったのではないでしょうか。

栞が好きな人の条件で『連絡先を知らない』と答えたあとに、隆之介と帰る際「連絡先フリフリしよ」と言ってくるところが顔が変形しました。

フリフリしよですよ。

フリフリ。

そのあとの綻んだ表情だけで胸がポカポカしました。

後半トラブルが起きて、野球勝負するシーンがありましたが、無事に勝利して問題解決していますが、水着姿は少し見たかったですね。

続巻で水着よろしくお願いします。

そして最後の野球勝負をすることで、隆之介が自分の気持ちに気付いたので、栞との今後がどのようになっていくのか、非常に楽しみです。

 

『おされん』まとめ

今回は『幼なじみからの恋愛相談。』の感想、ネタバレを紹介してきました。

不器用な幼なじみ2人による焦れったくも甘いラブコメ。

最後の栞の言葉にもありましたが『ドキドキ』しました。

最近読むラブコメが焦れ甘系が多いため、こういう作品が自分の中でツボになってる感じがします。

幼なじみが好き、焦れ甘なラブコメが好きな方は、ぜひ購読しましょう。

購読された方は、感想をコメントやTwitterにて待っています。

Twitteのフォローもよろしくお願いします。

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました