【ファンタジア文庫】最強不敗の神剣使い感想・ネタバレ【なろう】

ラノベ

最強不敗の神剣使いは、2021年2月にファンタジア文庫から刊行された作品です。

神剣使いは、WEB小説投稿サイト『小説家になろう』原作のライトノベルで、令和の『さすおに』と呼ばれるような作品になります。

無能と呼ばれ続けた主人公が、盗賊に襲われているお姫様を救い忠誠を誓うことになるのです。

神剣使いは『魔法高校科の劣等性』のような作品が好きな方に、オススメしたい作品になっています。

今回は『最強不敗の神剣使い』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

 

最強の下等生!?『最強不敗の神剣使い』あらすじ紹介!!

出典元:ファンタジア文庫

名門貴族の主人公であるリヒトは、『忌み子』と呼ばれる三男坊でした。

リヒトは評判に気にすることなく『無能』を演じていましたが、ある日家を追い出され盗賊に襲われているお姫様を救い、物語が大きく動くのです。

ここでは『最強不敗の神剣使い』のあらすじを紹介していきます。

 

名門貴族で『無能』と言われてきたリヒトですが、実は規格外の魔力と絶対的な剣技、そして伝説の神剣を扱うことができる『天賦の才』の持ち主であることを隠したまま過ごしてきました。

そんなリヒトを慕っていた妹のために、兄弟と決闘し負けたら家を出ることになります。

決闘で今まで隠してきた実力を発揮し圧勝しますが、家を出て冒険者を目指すのです。

冒険者登録しようと街へ向かっているところ、盗賊に襲われている王女と出会いました。

リヒトは王女『アリアローゼ』の崇高な理念に胸を打たれ、忠誠を誓うのでした。

アリアローゼの護衛として、彼女と一緒の学園に入学することになったリヒトは、入学試験を受けます。

そこで目立ちたくないリヒトは、合格点のギリギリを取りつつも実力を教員たちに見せつけ『最強の下等生』と呼ばれるのでした。

その学園に潜む魔の手からアリアローゼを守るため、リヒトに秘められていた本当の力が解放されるるのです。

神剣に選ばれたリヒトによる、圧倒的無双ファンタジーが始まります。

 

最強の下等生と王女様!『最強不敗の神剣使い』キャラクター紹介!!

最強の下等生と呼ばれる主人公リヒトと、王女アリアローゼによる物語です。

リヒトを慕う妹は『魔法高校科の劣等性』を思い出すような女の子でした。

僕の一推しはメイドのマリーです。

ここでは『最強不敗の神剣使い』のキャラクターを紹介していきます。

 

リヒト・エスターク

出典元:ファンタジア文庫

名門貴族『エスターク家』の忌み子である主人公。

周囲から無能と言われ続け、家を追い出されますが、実は天賦の才が宿されていました。

家を出て冒険者になるため放浪してるところ、盗賊に襲われている王女様を助け人生が大きく変わります。

王女の想いに胸を打たれ、忠誠を誓うことになるのです。

その後、アリアローゼを護衛するため入学試験を受けますが、圧倒的な実力を見せながらもギリギリの点数で合格したことから『最強の下等生』と呼ばれることになりました。

 

アリアローゼ・フォン・ラトクルス

出典元:ファンタジア文庫

ラトクルス王国の王女。

正体を隠して旅をしていたところ、放浪の旅をしていたリヒトと出会います。

胸に崇高な志を秘めていて、その姿を見て胸を打たれたリヒトに自身の護衛をお願いしました。

護衛のためにリヒトを、自分が通う学園に入学してもらうことになります。

 

エレン・フォン・エスターク

出典元:ファンタジア文庫

リヒトの腹違いの妹。

リヒトを嫌う一族の中で唯一、彼に寄り添い庇っていました。

リヒトに対し、兄妹以上の愛情を爆発させることもあります。

 

マリー

出典元:ファンタジア文庫

アリアローゼに仕えるメイドで、主の窮地を救ったリヒトの力を見抜き、護衛になることを求めます。

アリアローゼを想うあまり暴走することも。

メイドですが特殊な武術の訓練も受けいるため、戦闘力はかなり高いです。

メイドの能力を褒められたりした時に見せるドヤ顔が可愛く、また化粧に対してかなり熱い思いを持っています。

いつかマリーを雇いたいです。

圧倒的無双ファンタジー!『最強不敗の神剣使い』感想紹介!!

出典元:ファンタジア文庫

家を追放される前半パート、王女と出会い忠誠を近い学園に入学する後半パートとありますが、終始ワクワク感を持って読むことができた作品です。

ここでは『最強不敗の神剣使い』の感想を紹介していきます。

 

『令和のさすおに』と思えるような作品でした。

『魔法高校科の劣等性』が好きな方は楽しめる作品だと感じました。

前半で無能と言われ続けた兄を守るため、妹が策を練ります。

そこでの決闘で妹が涙を流し、怒ったリヒトが実力を出し勝利し、家を出ることになりました。

兄を慕っている姿が、劣等性の深雪と非常に被ります。

アリアの護衛として学園に入学したときの『最強の下等生』と呼ばれたりするところも、劣等性を彷彿とさせました。

護衛をする上で目立ちたくないという思いから、入学試験をギリギリで合格しました。

しかし本当に目立ちたくないの?と思える場面がいくつかあります。

それが、

  • 合格点はギリギリですが、答案を古代魔法文字で『愚か者』と残す
  • 通常斬る事ができない石を、魔力無しで斬ってしまう
  • 殺戮ゴーレムを1時間息も切らさず戦い、無傷で倒す
  • 一般性との決闘で特待生でも不可能である技能の魔術を行使

などです。

読んでいて目立つ要素しかなく、笑ってしまいました。

最後におきた事件を解決後、妹と再会を果たしますが、次の話がどうなるのか、非常に楽しみな作品となっています。

 

『最強不敗の神剣使い』まとめ

今回は『最強不敗の神剣使い』の感想、ネタバレを紹介してきました。

何度も言いますが、魔法高校科の劣等性のような雰囲気がある作品です。

劣等性が好きな方には、自信をもってオススメします。

僕はメイドのマリーが好きなので、彼女の出番が今後も増えてくれると嬉しいですね。

最後にアリアとエレンが対面しましたが、2人は馬が合うのでしょうか?

リヒトの取り合いも見れたりしないかと、期待するところもあり楽しみです。

気になった方はぜひ読んでみてください。

感想をコメント、Twitterにて待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました