【なろう】追放魔術教官の後宮ハーレム生活感想【レビュー】【カクヨム】

ラノベ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

追放魔術教官の後宮ハーレム生活(愛称:追放魔術)は2021年4月に、ファンタジア文庫より刊行された作品です。

追放魔術は、WEB小説投稿サイト『小説家になろう』『カクヨム』が原作のライトノベルで、タイトル通り主人公が可愛い女の子たちとハーレムを築きます。

主人公が魔術教官として、後宮にいる女の子たちに魔法を教えることで、仲を深めていきました。

ファンタジー×ハーレムという僕が1番好むジャンルの作品。

間違いなく同じジャンルが好きな方は読んだほうが良い作品と言えるでしょう。

今回は『追放魔術教官の後宮ハーレム生活』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますので、苦手な方はページから離れましょう。

 

教官×ハーレム×ファンタジー!『追放魔術教官』あらすじ紹介!

出典元:ファンタジア文庫

追放魔術教官は、異世界に転生した2人の人間がいました。

1人は勇者として迎えられましたが、主人公は外れスキルを手にしたことから『掃き溜め』と呼ばれる後宮へ追放されてしまうのです。

しかしそこで出会った少女達と、スキルによって主人公はハーレムを築いていくことになるのでした。

ここでは『追放魔術教官の後宮ハーレム生活』のあらすじを紹介していきます。

 

美少女たちを幸せに導く教官×ハーレムファンタジー作品。

ある日、異世界に召喚された2人の人間がいました。

1人は勇者として迎えられた『リュウキ』と、外れスキルである『魔力練成』を手に入れてしまい『掃き溜め』と呼ばれる後宮へと追放されてしまった主人公『ロク』。

後宮へ追放されてしまったロクでしたが、そこには可愛い姫ばかりいました。

しかも外れと思っていた魔力練成でしたが、実は魔力を自由自在に操作することができる最強のスキルであることが判明したのです。

魔力練成を使い教官として後宮に住み込み、姫たちを最強の『後宮部隊』へと育てていきます。

姫や後宮にいる少女達は魔法が上手く使えなかったり、家庭の事情があったりしますが、ロクが魔法を教えながら彼女たちの悩みを解決していき、仲を深めていくのでした。

そして物語の後半では、ロクを追放した王女と勇者が活躍できないでいるところ、魔族である敵に襲われ身体を乗っ取られてしまいます。

ロク率いる後宮部隊は、魔族の討伐を無事果たすことができるのでしょうか。

 

『追放魔術教官』キャラクター紹介!

出典元:ファンタジア文庫

追放魔術教官に登場するキャラクターはみんな可愛く、魅力ある美少女ばかりでした。

こんな子たちに好意を持たれ、ハーレムな生活を送りたいと思う作品です。

ここでは『追放魔術教官の後宮ハーレム生活』のキャラクターを紹介していきます。

 

リーズロッテ(リゼ)

心優しい貴族の娘で、愛称はリゼ。

ロクと最初に後宮で出会った少女。

魔術が使えなく悩んでいましたが、ロクの魔力指導により再び使えるようになります。

 

マノン

後宮の姫さたちをまとめている公爵令嬢。

格式高く落ち着いてますが、実はかなりの策略家。

優美なシルエットのドレスを好みます。

 

ティティ

南の諸島出身の元気で可愛いらしい女の子。

大所帯の隊商で育ち、その生活を経て東洋の服や小物を好んで身につけています。

 

サーニャ

ミステリアスな雰囲気の少女。

西方の騎馬の民出身で、体術に優れていてかなり強い。

馬をはじめとする動物とかなり相性が良いです。

 

フェリス

頭脳明晰な勉強家で高名な家の出身。

病弱で魔術が使えないところを、ロクの指導により使えるようになりました。

華やかさと繊細で臆病な性格をしていますが、ロクと出会うことにより変化していくことになります。

 

異世界ハーレムライフ!『追放魔術教官』感想紹介!

出典元:ファンタジア文庫

異世界ファンタジー、そしてハーレムが大好きな人にとっては堪らない作品。

読まないと必ず後悔をするでしょう。

僕からはそれしか言えません。

ここでは『追放魔術教官の後宮ハーレム生活』のあらすじを紹介していきます。

 

現状2021年刊行されたライトノベルで、1番僕が推したい作品と言えます。

ファンタジーが好きな人も楽しめますし、ハーレムが好きな人は必読と言えるでしょう。

ロクが教官として魔術を教えていく物語です。

しかしそれだけでなく、後宮にいる女の子たちはそれぞれ悩みを抱えていました。

その悩みをロクが解決、そして魔術を指導していくことによって、女の子が成長していきます。

『女の子たちが魔術の成長をする=ロクへの好感度』という公式が成り立つのが、追放魔術教官でしょう。

女の子たちは自分を救ってくれたロクのためにも、色んな魔術を覚え成長し、褒められようとしています。

そこが健気でかなり可愛く、終始ニヤけ顔が止まりません。

最初は王女ともう1人の勇者に気分を悪くするかもしれません。

しかしこの2人は、最初登場して以降はモブというくらい活躍もできず、フェードアウトしていきます。

リュウキが後宮へ現われたり、出立式へロクたちを呼んだとき、女の子たちの活躍により苦渋を飲む姿は爽快でした。

ストレスなく読むことができ、女の子がタダタダ可愛い作品。

まだ魔王を討伐していない状態なので、続巻が出ることを強く期待しています。

 

『追放魔術教官』まとめ

今回は『追放魔術教官の後宮ハーレム生活』の感想、ネタバレを紹介してきました。

とにかく登場する女の子がみんな個性あり可愛く、終始ニヤニヤが止まらなかったです。

女の子からの純粋な好意が気持ちよく、改めてハーレムって良いものだと思える作品だと言えるでしょう。

とにかくファンタジーが好き、ハーレムものが好きと言う方は必ず購読してください。

購読された方は、感想をコメントやTwitterにて待っています。

Twitteのフォローもよろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました