【Whirlpool】竜姫ぐーたらいふ感想・ネタバレ!【レビュー】

エロゲ

竜姫ぐーたらいふは、2020年10月にWhirlpoolから発売されたゲームです。

ニートな主人公と、竜族の姫様による、ゆる~い日常を送る作品になります。

面倒見の良い幼なじみが僕は最高に好きで、シーンもあり、ロープライス価格では、かなり満足度が高いゲームでした。

世話焼きでちょろい幼なじみが好き、ゆるい日常作品が好きな方にはオススメしたい作品です。

今回は『竜姫ぐーたらいふ』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレが苦手な方、18歳未満の方はページから離れましょう。

竜姫ぐーたらいふ2の感想はこちら。

18歳未満はこちら

 

ゆる~い日常作品?『竜姫ぐーたらいふ』あらすじ紹介!!

出典元:Whirlpool

ニートな主人公と世話焼きの幼なじみ、そして竜族のお姫様たちによる、ゆるい日常が描かれた作品です。

ここでは『竜姫ぐーたらいふ』のあらすじを紹介していきます。

 

主人公はボロい道場で暮らすニートです。

そんな主人公の親はクズ人間だったため、隣に住む和菓子屋の幼なじみに世話をしてもらていました。

そんな日常を過ごしていた2人ですが、道ばたでトカゲっぽい生物を主人公は拾います。

最初は食料にしようとするところを、幼なじみに止められペットとして一緒に過ごすことになりました。

愛着が沸いてきたころ、竜族が地球に侵攻してきて、人類を支配下に置こうとします。

そこをペットであるトカゲが、美少女に変化し説得。

主人公が拾ったトカゲは、竜族のお姫様だったのです。

なんとか人類の危機を免れ、主人公と竜族のお姫様は一緒に暮らしニート生活をすることになります。

ニート生活をする主人公とお姫様、そんな2人の世話を焼く幼なじみによる、ゆるい日常を楽しめる作品です。

 

竜族のお姫様と世話焼き幼なじみ!『竜姫ぐーたらいふ』キャラクター紹介!!

竜族のお姫様と、面倒見の良い世話焼きな幼なじみによる、ゆるい日常。

ペットだった頃に可愛がってもらったお姫様も、ツンデレな幼なじみも、最初から主人公に対して好感度が非常に高い状態でした。

ここでは『竜姫ぐーたらいふ』のキャラクターと、簡単な√を紹介していきます。

 

ハル

出典元:Whirlpool

竜族のお姫様で、小竜の状態で地球に下りてきたことにより、主人公と出会いペットとして飼われることになります。

小竜から覚醒し、美少女になってもゴロゴロしてスローライフ生活を満喫していました。

小竜だったころ主人公に可愛がってもらったため、好感度が最初から非常に高かったです。

タイトル通り、主人公と一緒にぐーたらいふを送っていきます。

そんな中2人は家族になり、この生活が続けば幸せだろうなという感じで、温かかったです。

好きなシーンは、風呂場でのバックと和菓子屋の制服です。

 

一ノ瀬鈴夏

出典元:Whirlpool

主人公のことが大好きな幼なじみで、ギャルなお隣さん。

トニカクカワイイ。

ニートな主人公を甘やかしすぎたり、ハルの登場で焦って色仕掛けを始めたりするところが特に好きでした。

主人公に責任感や義務感から、何かとちょっかいを出したりしますが、言いくるめられてしまう残念なところもあります。

チョロイン感もあり僕は凄い好きでした。

ドラゴンになった鈴夏でしたが、羽や角が生えていても可愛さは変わらずで最高です。

鈴夏がドラゴンになる必要があったのかは分かりませんが、可愛かったから全て良し。

推しだったので、鈴夏視点の割合いが多かったのも評価は高いところでした。

下着の豹柄はそそりましたね。

好きなシーンはドラゴン化での正常位と、立ちかなえです。

 

メインヒロインはどっち?『竜姫ぐーたらいふ』感想紹介!!

『竜姫ぐーたらいふ』オープニングムービー

ニートな2人と幼なじみによるゆる~い日常が描かれた作品。

ロープライスで、頭を空っぽにして楽しめるゲームとなっていて、良いキャラゲーでした。

ここでは『竜姫ぐーたらいふ』の感想を紹介していきます。

 

ほぼ1本道なシナリオでロープライスの作品です。

シリアスな展開も無く、ただヒロインの子たちを可愛いと言ってクリックし続ける最高のゲームでした。

ロープライスでこのクオリティなら、絶対プレイすべき作品だと思います。

そんな竜姫ぐーたらいふですが、1部不満点がありました。

  • タイトル的にメインヒロイン?はハルっぽいですが、鈴夏視点が多く、もう少し焦点を当てて欲しかった(もしくは個別で2√化)
  • 鈴夏のドラゴン化したときは、もう少し主人公への執着心があっても良かった
  • 主人公の無神経さ、ダメ人間具合

鈴夏が好きなので僕は良かったですが、ハル推しの人はもう少し絡みや、焦点が当たる機会が欲しかったかもしれません。

正直、ノックせずに異性で幼なじみの部屋に入ったのは、人として大丈夫かな?と思いました。

基本的には良いやつですが、好みが分かれかもしれないです。

しかし女の子はみんな可愛いし、ロープライスでこのクオリティでしたら、全然気にならないと思うので、是非プレイしてもらいたいですね。

 

『竜姫ぐーたらいふ』まとめ

今回は『竜姫ぐーたらいふ』の感想、ネタバレを紹介していきました。

ロープライスで頭を空っぽにして楽しめる、ノンストレスな作品です。

シリアス展開もないので、終始ニコニコしながらプレイできました。

キャラゲーで短めな作品を探してる方にオススメしたいです。

プレイされた方は、感想をコメントやTwitterにて待っています。

【FANZADL】

【Getchu】

コメント

タイトルとURLをコピーしました