ゆびさきコネクション/ミニファンディスクVol.2感想!

エロゲ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ゆびさきコネクション/ミニファンディスクVol.2(愛称:ゆびさきFD)は、2022年4月にHOOKSOFTより発売されたゲームです。

ゆびさきFDは、前作『ゆびさきコネクション』のファンディスクで、今回は夏歩と伊織のエンディング後が描かれた作品になります。

本編から更に増された濃密なイチャラブと、恋人より一歩先を意識した新たな関係性を楽しめました。

ゆびさきFDは本編をプレイ済み、純愛、社会人の恋愛、キャラゲーが好きな方にオススメです。

今回は『ゆびさきコネクション/ミニファンディスクVol.2』の感想、ネタバレを紹介していきます。

ネタバレが苦手な方、18歳未満の方はページから離れましょう。

18歳未満はこちら

前作、ゆびさきコネクションの感想はこちら。

 

『ゆびさきFD』あらすじ&√紹介!

出典元:HOOKSOFT

双葉夏歩

出典元:HOOKSOFT

夏歩が主人公の会社に入社してから数日。

夏歩の新人教育を任された主人公でしたが、彼女の飲み込みの速さに安堵と寂しい気持ちを抱きつつも充実した日々を送っていました。

私情で入社したと思われないように、社内では内緒でお付き合い。

仕事だけでなく私生活でも率先して動くようになった夏歩を見て、成長したんなぁという気持ちが溢れました。

主人公からの同棲する誘いも、一緒に歩いてきたいから生活費を半分出せるようになるまで待って欲しいと断ります。

様々なところで成長を感じさせる夏歩。

後半では初任給の使い道の話。

同棲するための資金を貯めたいと言っていた夏歩でしたが、実際初任給が出ると半分も使い切ってしまいます。

しかし使った理由が日頃からお世話になった人へのプレゼントなどだったことに、胸がジーンときました。

主人公にも同棲が遠のいてごめんと謝り、夏歩が大人になったと強く感じたエピソード。

エピローグでは、社会人として一人前となった夏歩と、ようやく同棲。

恋人になって2年目にしてようやく名前を呼び捨てしますが、照れる夏歩に初々しさを感じ悶えました。

欲を言えるなら、この2人が同棲を始めた物語も見たかったもの。

 

橘伊織

出典元:HOOKSOFT

本編でもかなり好みで最高のヒロインだった伊織。

今作でもあまりの可愛さ、そして幸せそうな彼女を見て涙が溢れる物語となっていました。

伊織の物語は、彼女から両親に会ってほしいと言われてプロポーズの計画を進めるというもの。

最初の方は本編と変わらない伊織の格好良さ、主人公をからかう姿を見れて惚れ直してしまいました。

恋人になって時間も結構経つなか、主導権を握り続けてる伊織さん。

そんな彼女が主人公にだけ好意全開というところが非常に萌えポイント。

終盤に向けて主人公はプロポーズの準備をします。

プロポーズも伊織に合わせて用意していて、かなり感動的なものになっていて、幸せすぎて感涙。

最後の結婚式では、主人公と伊織、そして刹那との会話に自然と頬が緩み涙が止まらないもの。

終始伊織さんが好きで良かったと感じさせてくれたアフター。

幸せになってくれて良かったと感じることができた、最高という言葉では片付けることができない物語となっていました。

 

『ゆびさきFD』感想紹介!

望んでいた最高の後日談で、ヒロインたちが幸せそうに過ごしているのを見て、終始暖かな気持ちになれました。

夏歩の成長が描かれていたのは勿論良かったし、初任給の使い道では心が豊かに。

しかし何よりも伊織さん。

本編と変わらない関係で心地よさはありつつも、最後は主人公のプロポーズにより、伊織さんの驚きや幸せそうな表情を見れて、こちらも感涙してしまうもの。

神父役を引き受けた刹那とのやりとりも素晴らしく、彼女の出番がもっと見たいと思ってしまうほど。

2人とも後日談としてかなり良い物語で、最後までプレイしていて顔のニヤケと涙が止まらないものでした。

ぜひ本編プレイした方は忘れずにプレイして欲しいし、まだ本編もプレイしていない方は絶対にプレイして欲しいもの。

 

『ゆびさきFD』まとめ!

今回は『ゆびさきコネクション/ミニファンディスクVol.2』の感想、ネタバレを紹介してきました。

本編のアフターが描かれた、もう一歩先の幸せを堪能できた物語。

本編からの後日談という事で、プレイヤーの望んでいた話とヒロインの可愛さが描かれていました。

ゆびさきFDは本編をプレイ済み、純愛、社会人の恋愛、キャラゲーが好きな方にオススメです。

プレイされた方は、感想をコメントやTwitterにて待っています。

前作、ゆびさきコネクションの感想はこちら。

【FANZA】

【Gethu】

一番上へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました